エンタメ至上主義

迷ったら楽しいほうに舵を切る人生

秋とプリンスとカルテット【後編】

前半はこちら。

www.entameism.com

 

■図らずもワーケーションな午前

秋の軽井沢旅行、2日目。月曜日。

朝ごはんは付いていないプランにしていて、かつ12:00からアフタヌーンティーを予約していたので、まずはたっぷり寝て少し仕事をしてお腹を空かせてからホテルを出ようと前日から打ち合わせ。9:00起床でまたまたラウンジに行きました。

f:id:caiconic:20201121225525j:image

前日に引き続き不本意ですよ…!30分のオンラインMTGまで発生してしまった。月曜日トラップだなぁ。

しかし1.5時間ほど真面目にやったら無事に消化できたので、いそいそと着替えてメイクしてチェックアウトです。

f:id:caiconic:20201121225720j:image

この日下ろしたニット。90年代ビンテージ。状態が良いものを見つけられて嬉しい〜!柄柄しいのに何にでも合わせやすくて可愛いのよね。

 

■サイクリング!サイクリング!!!

今回ザ・プリンスの宿泊の決め手になったのは、自転車の無料貸出があるから。行きたいと思っていたアフタヌーンティーがホテルから割と近いところにあり、ただ徒歩で行くと1時間かかるので(長野は面積が広いのだ…)良い移動手段を探してたのです。自転車は最適解だよね。運良く電動自転車を借りられ、お天気にも恵まれたので、最高のサイクリング日和です。

f:id:caiconic:20201121225855j:image

本当に気持ち良かったよ〜!軽井沢はサイクリング人口が多いせいもあると思うのだけど、自転車用の道路が整備されていて運転がしやすい。月曜日で道路が混んでいないからか?、運転中の車の中から手を振っていただいたりもしました。平和だなぁ。

 

■湖畔の洋館で薔薇のアフタヌーンティー

今回私が「軽井沢で絶対したい!」とリクエストしたのはこの一つだけ。「RUZE Villa(ルゼ・ヴィラ)」のアフタヌーンティー。ヴィラの内装がとにかく素敵なんです。私と同じく、少女趣味を抱えている人は誰しもが好きだと思う。

www.villa-ruze.jp


f:id:caiconic:20201121231131j:image
f:id:caiconic:20201121231145j:image

煉瓦造りの外観も、秋の色合いにぴったりですね。
f:id:caiconic:20201121231205j:imagef:id:caiconic:20201121231734j:image
f:id:caiconic:20201121231742j:image
f:id:caiconic:20201121231738j:image

三段トレイに、彩豊かな小さなデザートたち、フルーツ、スコーン、手作りの林檎コンポート、キッシュなどのお食事類。飽きがこない構成でどれも美味しい。素材が良いんだなぁ、大粒の葡萄なんて時季ものだし思わず唸ってしまう甘さでした。

f:id:caiconic:20201121232004j:image

この小さな食器が愛おしい… お茶はローズヒップティーでおかわり自由です。2人分の大きなティーポット4杯分ぐらい飲んだかなぁ。
f:id:caiconic:20201121231149j:image
f:id:caiconic:20201121231200j:image
f:id:caiconic:20201121231136j:image

この空間を独り占めできてしまう贅沢さよ。月曜日を選んで大正解でした。これで1人3,500円なの、東京では絶対に真似ができません。こういう非日常を味わうために人は旅に出るんだなぁと心底思うよ。

f:id:caiconic:20201121231141j:image

今回は時間がなくて見られなかったけれど、敷地内にあるレイクガーデンも素敵です。薔薇など多種なお花が咲くイングリッシュガーデン。暖かい時期に軽井沢に来るときはぜひプランに検討ください。

 

■栗の不思議、そして再びのカルテット

お茶をしながらこの後のスケジュールを打ち合わせ。帰りの新幹線の時間から逆算して、19:30頃には晩ごはん、アウトレットが19:00クローズなので多めに見て17:00頃からお買い物…と後ろから決めていくと、もう1〜2時間ほど自由になる計算に。

ならばと、少し遠いからと諦めていた「ツルヤ軽井沢店」に向かうことにしました。

f:id:caiconic:20201121233200j:image

ちなみにこの距離、実際には電動自転車だと25分ほどで楽勝でした。風も日差しも何もかも温かく気持ちが良くて、着いてしまうのが惜しいほどだった〜。

そうそう、サイクリング道中で気になったのが道にやたらと栗のイガが落ちていること!長野が栗で有名なのは知っていたけど、あまりにすごい量だからかなり異様な光景でした。しかも、全部中身が無いの!みんな拾っていって家で食べるのかな。長野県あるある?

 

f:id:caiconic:20201121233738j:image

そうして辿り着きましたツルヤ。勘の良い方ならお気づきでしょう、そうです『カルテット』1話で4人がドラゴンクエストのテーマを演奏したあのスーパーです。(1話以外にも、作中に沢山登場するよ。)

f:id:caiconic:20201121233734j:image

長野県民に愛されるローカルスーパーのツルヤさん。オリジナルブランドが多くてお土産にも丁度良い。そして全てが美味しそうでテンションが上がる〜!
f:id:caiconic:20201121233727j:imagef:id:caiconic:20201121233741j:image

このジャムの数を見てよ…!1つ300円ほどなので、こんなの実質無料だね。全種買って帰りたいよう!
f:id:caiconic:20201121233731j:image

厳選しましてこんな仕上がりに。このお惣菜の野沢菜パンがすーーーっごく美味しかった!そして家にたどり着いてから気づいたのだけど、このチーズがどこにも無いんだよな…サイクリング中に落としたかしら。雀の餌にでもなってておくれ。
f:id:caiconic:20201121233723j:image

軽井沢スイーツの定番「ミカド珈琲のモカソフト」もここで頂けます。というかスーパーの敷地内にこんな紅葉スポットが存在するのは盲点だよ。地元の方たちもここでひと休憩してました。いやー来られて良かった!

 

f:id:caiconic:20201121233757j:image

「この旅の一番の思い出は?」と聞かれたら、絶対にサイクリングなのよね。今年一番自然を体感した時間でした。この気持ち良さを味わうために、また秋の軽井沢に来ようと誓いました。

 

■〆と地域共通クーポン小話

その後は予定通り、ホテルに戻って荷物をピックアップしアウトレット、そして軽くディナーを食べて21:30の新幹線で東京へ。早朝来て夜深くに帰り着く、2日間みっちり遊び尽くしてやったぜ。

ちなみに、軽井沢アウトレット内にはプリンス宿泊者専用のコンシェルジュセンターがあり荷物を預けていられるので、それもとても便利でした。楽しい思い出だけを綺麗に残すために「重い」「疲れる」は可能な限り排除していきましょう。

そうそう、噂の地域共通クーポン。10月はまだ施策が始まったばかりということもあり色んな人から「使える店舗が少ない」とは聞いていたものの、軽井沢はこのプリンスアウトレットが対象店に入っていたので楽勝でしょう〜と構えていたら、なんと使えるか否かは店舗に寄る、そして対象店がめちゃくちゃ少ない!しかもサービスカウンターで聞かないと分からない!みんな新しいシステムに振り回されてるね。結果、奥にあるお土産物屋さんでなんとか使えたので、3,000円分色んな種類のウィンナーを買い込んで濱ちゃんと分けあいました。素敵な使い方だったね。

あとから別エリアの店舗の人に聞いた話だと、店舗側の導入申請→承認が下りるまでに凄く時間がかかるらしい。11月現在は利用できるお店がめちゃくちゃ増えてますよね。これも今年じゃないと味わえなかったエピソードだのう。

 

f:id:caiconic:20201121235736j:image

社会人になってから、毎年10月はどこかしらかに旅に出ていたものの今年は完全に諦めていたので、こうして楽しく過ごすことができて良かったです。辛いことが多い2020年だけど、素敵な写真と感情がフォルダに追加されました。

 

現在は感染者の数も増えて、そもそものこのキャンペーンの是非も問われているけれど、とはいえこれ以上経済も停滞させてはならないところまで来ていると思うので、難しいラインだけど上手くブレーキとアクセルを踏み込みながら暫くやっていくしかないのかな。お金を落とせるところには落としたいし、良い均衡状況が作れると良いのですが。

 

さて、軽井沢旅の記録はここで終わりです。最後までありがとうございました。