エンタメ至上主義

こんなはずじゃなかったけど、歳を取るほど人生が楽しい。

コロナ禍で食生活をスリム化してみた

Twitterでも少しだけ呟いたのですが、ほんの気まぐれで6/1(月)から一週間の脂肪燃焼プログラムを始めてみました。今日が7日目。そして今はもう深夜。なので、この生活も終わりなのですが、備忘として良かったこと・悪かったことを記しておきたいと思います。

 

脂肪燃焼ダイエット、7日間プログラムとは?

一週間、「脂肪燃焼スープ+α(日によって異なる)」のみを食べるプログラム。アルコール、炭水化物、甘味料NG。元は海外で外科手術前に短期間で内臓まわりの脂肪を落とす必要があるときに用いる方法らしいです。プログラムの内容は下記、簡単に記載します。

・1日目:スープ+果物(バナナ、アボカド以外全てOK)

・2日目:スープ+野菜(豆ととうもろこしNG)

・3日目:スープ+野菜と果物(NGは上記同様)

・4日目:スープ+バナナ(3本まで)+無脂肪ミルク

・5日目:スープ+肉or魚(脂の少ないもの)+トマト

・6日目:スープ+牛肉と野菜

・7日目:スープ+玄米と野菜

もっと詳しい内容は、調べてもらえたら沢山出てくるのでそちらを見て下さい。スープの作り方も色々あるけれど、私はトマトとキャベツをマストで、日によってそこにパプリカ、ズッキーニ、玉ねぎ、きのこ類などを追加していました。味付けは基本的にコンソメ。でもトマトベースと合うならなんでも良いと思います。お腹が空いたらひたすらスープを飲み続けることになるので、鍋一杯に作って1.5日〜2日で食べきるペースでした。

ちなみに後述しますが、私は上記よりだいぶ緩くやっていて、+タンパク質食材や、1日だけ炭水化物も摂ってました。もしこれからチャレンジする!という方がいたら、ストイックになりすぎずに自分の体調と相談してプログラムを修正すると良いと思います。

 

やってみてどうだった?

良かったです!クエスト感というか、ゲームをクリアしているような感覚があって結構楽しくできました。体重で言うと最終日計測で2.5kg減、でもこれは単純に食べる量をこれだけ減らしてあんまり固形物を摂取してないから急速に落ちてるだけで、食事を戻したらすぐにチャラになっちゃうと思う。水モノだ…。

なにより嬉しかったのは肌が綺麗になったこと。これは実は相当期待していて、というもの、汚い話になってしまうのですが私数年前に牡蠣のノロウイルスに当たったことがありまして。ノロの対処法って、薬などは無く、細菌を体外に完全に排出するまで嘔吐・下痢症状が続くんですよ。出しきったらそれで終わり。それで、1日中水を飲んではトイレに行って吐き…という地獄のような時間を過ごしたことがあるんだけど、体内を水で洗ってるような状態なので、トイレから部屋に戻る途中の鏡を見るたびに肌がなんだか綺麗に(+体調悪くて顔色が青白く…笑)なっていった…っていうのが忘れられない体験で。やっぱり「胃に常に内容物があることって内臓に負担をかけるし、大なり小なり肌に影響が出るんだな」とその時に思いました。今回も、消化に良い食事+大量の水分を摂り続けることになるので、その時の状態に近くなるんじゃないかなと期待してました。

個人差はもちろんあると思うんだけど、私は上記を期待して、かつプログラム通りにやるとタンパク質が不足するので、豆腐、卵、乳製品、白身魚などを適宜追加して一緒に摂取していたら、肌のキメが整ったような気がします。あと、(貧血なのかもしれないけど笑)肌色のトーンが上がりましたね。

 

3日目が超つらい。

いや、なんなら2日目の朝から辛かった。本当にただの思いつきで始めて、準備日なども設けずに5/31までバクバク炭水化物を摂っていたのに6/1からこの生活をスタートしたので、身体が慣れるまでの前半戦はめちゃくちゃお腹が鳴る。倦怠感と軽い頭痛などの好転反応が起こる。在宅で仕事をしているのでやりきれたけど、出社していたら通勤時間で挫折していたかもしれない。

私はフルーツが大好きなので、1日目は「余裕!むしろフルーツを食べまくれて嬉しい!」ぐらいに思っていたのだけど、2,3日目になると途端に飢餓感が生じてびっくりしました。対処法として、個人的に良かったのは散歩+ブラックコーヒーを飲むこと。アイスだと、氷を齧っているとだいぶ気が紛れた。身体の中がスッキリしているので、運動は特に苦ではなくて、気づいたら2時間ぐらい散歩と筋トレに費やしていた日も。

 

炭水化物への恐怖

この生活の後に炭水化物を暴食してしまうんじゃないか…というのが怖かったんだけど、実は6日目、6/6(土)の午前中に打合せで友人と会うことになり、時間帯とテラス席の有無の関係でベーカリーで待ち合わせをすることに。5日ぶりの炭水化物、根菜とターキーのサンドイッチを食べたんですが、意外や意外「めちゃくちゃ美味しい…!」と感動することもなく(有名ベーカリーなので物としては美味しいんですもちろん)、暴食することもなくゆっくりチマチマ食べられました。あと、店内でパンをチョイスするときに大量のパンを前にどうして良いか分からなくなりアワアワしてしまったな。

多分これが一週間の前半の出来事だったら、それを皮切りに歯止めが効かなくなってたかも…と思います。6日目となると「いや、ここまで頑張ったんだから…!」で乗りきれた。もったいない精神は偉大。

 

これから

この一週間ほどガチガチメニューではないけれど、この後もしばらくスープ生活を続けてみようかなと思ってます。…というのも、メリットが多いんだよね。

上に書いたことに加えて、「毎日メニューを考える必要がなくなる」「調理・片付けの時間がグンと減る」「内臓が過労働していないのが分かる」。あと個人的には、水仕事をする時間が減る=ネイルの保ちが良くなったので嬉しい。4,5月の家にこもりきりだった日々、毎日キッチンに立つ時間の長さ凄いことになってませんでした?あれに辟易としていたので、それが少し解消される点もポイント高しです。

 

こんなものを食べてました

記録。

f:id:caiconic:20200608011828j:image
f:id:caiconic:20200608012128j:image
f:id:caiconic:20200608012125j:image
f:id:caiconic:20200608012121j:image

フルーツはマンゴー、キウイ、アメリカンチェリー、スイカ、パパイヤ、ぶどう、りんご、など。+無糖ヨーグルトを有りにしてました。

f:id:caiconic:20200608012245j:image

6日目のサンドイッチ。飲み物はブラックのアイスコーヒー。胃がびっくりするかなと思いつつ大丈夫でした。

 

ただでさえ運動量が減っている日々なので、アルコール、炭水化物、糖分の摂取量も相対して減らす生活に落ち着けたら良いな。

とはいえ、来週は以前にお取り寄せしていたグルメが届くし、あいかわらず食べることも趣味の一環なので、ゆる〜っと続けていくつもりです。気になる方がいたらやってみて下さい。3日目の猛烈な辛さと、肌の具合を体感してほしい!笑