エンタメ至上主義

こんなはずじゃなかったけど、歳を取るほど人生が楽しい。

水曜日から出張で札幌に来てます。さっき仕事が終わり、これから今日の最終便で東京に帰る。

昨日も、今日も、つらいね。茫然とするばかりだった昨日から、今日は痛みがリアルになってしまって、空港に向かう快速電車の中で結構しっかり泣いてしまった。

考えないようにしたほうが良いのは分かりつつ、どうしたって心も頭も動いてしまう。多分皆んなそれぞれの場所で、同じように向き合ってるのだろうなといつもより静かなタイムラインを見て思う。


多分もっと、もっともっとこの哀しみは時間とともに形を変えるし、その度に苦しいし、この先もこんな理不尽に対して折り合いがつく事なんてないと思う。創作物が好きで、救われながら生きてきた大勢の人の人生に物凄く大きな十字架ができてしまったな…


それでも、今日も明日も自分の生活を元気に生きるしかないんだけど、なんだかまだ全く受け入れられず受け止められず、夢だったら良いのになとぼんやりとしちゃう。天災や痛ましい事件のたびに、時間操作能力を持った誰かってこの世にいないのかな、と思う。(でもやっぱり、この世のどこかにはいる気がしてる。アニメを観て育ってるからかな。)


なんかこんな、人間の想像を超えることが、多分想像力の著しい欠如によって起こされたことが、本当に。

虚しいし哀しいし、それ以上に恐いけど、私も私で何かをまっすぐ好きでいる事を絶対に諦めないし、こんな悪意に引きずられずに自分の好きなように明るく楽しく頑張って生きるんだ、と思う。

 


オタクと一緒にお酒が飲みたいな。

朝までカップリングの話して好きなシチュ語って本人映像カラオケしようよ。