エンタメ至上主義

迷ったら楽しいほうに舵を切る人生

「はてなブロガーに10の質問」

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

周りの方が結構書かれていて、読むのが楽しかったので私も書いておくことに。はてなさん、10周年おめでとうございます!

 

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

ブログ名「エンタメ至上主義」。由来などは無いのですが、なんと大学生ぐらいからたびたび使っていた単語です。「エンタメ作品が好きだ〜!」という想いでは全くなく、享楽主義的な、「私は楽しいことを優先して人生を生きていくぞ」という気持ちで言い出したんだと思います。多分。

はてなブログを始めたきっかけは?

すっごくなんとなく!趣味の文章はもう、物心着いた時からずっと書いているのだけど、きちんと継続する日記をやってみたくて、そうなった時に馴染み度と使いやすさの点ではてなを選んだ記憶があります。初めて更新した記事には割と思い入れがあります。定期的に非表示にしようかなと思うけれど。笑(数年前に書いたものにはみんなその感情を感じる。)

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

実を言うと、「これ!」というものは無いかもしれない。よく読み返しているのは旅行ホテルカテゴリのものだけど、思い入れで言うと1万字前後のものはさすがに熱を持って書いているのでよく覚えています。「こんなん誰が読むの!?」と思いながら毎回書いてるんだけど、それでも読んでスターをつけて時折感想までくれる人が現れるのはブログ文化の素晴らしいところですね。ちなみにこのブログを初めて3年弱だけど一番読まれているのはこの記事です。はてなブックマークの総合1位(デイリー)を取っているので、今後もう閲覧数でこれを超えることはないでしょう。

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

感情を残しておきたいとき。ブログをやっている友人ともよく話すのですが、その場で瞬発的に更新してしまうのはSNSなんだけど、TwitterやInstagramは結局流れていってしまうというか、なかなか「たびたび見返す」アクションはしづらいのですね。書いておきたい、いつか見返して欲しい、あわよくば同じ気持ちを抱える誰かに読んでほしい、と思うときは、頑張って書いてます。自分である程度フォーマットを決め切って定期更新している記事以外は、すっごく頑張って書いてます!笑

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

数えてみたら82記事もあってびっくりした…!記事というか、ネタ的というか冒頭2~3行だけ書いて更新していないものも多い。タイトルだけ取り出すと「人生に飽きたな」「東京ドームシティ、最高に推せる」「36hours short trip」「実はコスメにあまり興味がない」など。もう更新しないな、このままインターネットの海を漂うこともないままブルーホールの中に沈むのでしょう。

自分の記事を読み返すことはある?

旅行記事など、楽しかった空気をそのまま保存しているような、そういう記事はよく見返します。「自分楽しそう〜!」とよく思っている。実際には楽しかった時間のみをテキストにして残しているだけなのに、過去の自分はキラキラして見えるね、特に今は。あと昨年からちょいちょい、今年は定期的に更新しているアイドル関連記事は数年後の自分が大喜びで読み返すと思うので、そのために書いてます。

好きなはてなブロガーは?

バイネームは出しませんが、たくさんいます。読者登録をしている方はみんな好きだな。お役立ち系とかはあまり読まないんだけど、その人の生活と頭の中の一端がうかがえるような、あまり人に読まれることを気にしていない記事が好きですね。最近は、カリフォルニア在住のお料理と器がとっても素敵な方のブログを読むのが楽しみです。

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

10周年おめでとうございます!これからもよろしくお願いします。はてな編集部からの推薦やTweetで好きなブログを見つけることが多いので、更新常にお待ちしております♡

10年前は何してた?

大学生をしてましたね!旅好きでもホテル好きでもなかったし、アイドルにも俳優にもハマっていなかった。唯一、BUMP OF CHICKENを好きなことは変わってません。10年前の自分に逢えたら、今持っている知識やスキルを全て伝えたい。だいぶ生きやすく過ごせるはず。笑

この10年を一言でまとめると?

「変」

転職を2回して、いろんな場所を訪れて、思ってもみなかった出逢いもあったりして、あらゆることが変化したと思っていたけれど、実は何も変わっていないんじゃないかなと最近感じることが多い。物心ついた時の自分のまま、長所も短所もわりとそのまま持って、今もまだ東京で楽しく暮らしています。もう10年経ったら、できれば今は想像もしていないような場所にいて、それでもあまり変わらない自分のまま生きていたいな。できればその時までブログは続けていたいですね。

 

f:id:caiconic:20211020183509j:image

 

ガルプラ/イカゲーム/あした死ぬには、/リョーマ!/珈琲いかがでしょう

最近のエンタメ雑記です。とはいえ、最近の私は映画館や劇場に足を運ぶ習慣がすっかり絶えてしまいまして、もっぱら自宅のテレビ画面で摂取をしているのに加え、これは元々そうなんだけど「新しい作品を次々に観る」よりも「一つのものをしつこく繰り返し観る」習性があるんですね。なので話題作にもそこまですぐに手を出せず。最近ネトフリで観ているのもセリングサンセット(3周目)と大豆田とわ子(おそらく4周目)ともはや何度観たかも分からないTRICKだもん。

そんな日々なのですが、「Twitterの140字ではまとめきれないしわざわざ呟きたくもないが、でも何か書いておきたい。残しておきたい」という作品だけ言葉にしておこうかなと。自分の中できちんと昇華しておきたくて。

 

GIRLS PLANET 999

現在Abemaで毎週(金)に配信中。韓国発のガールズグループオーディション番組。来週最終回、生放送でデビューメンバーの9名が決定します。

もうね、全然観る気なんてなかったんです!!! 私、オーディション番組には懲り懲りですので…(生活が変わってしまうという意味で)でもねぇ、YouTubeでENHYPENのI-LAND時代のパフォーマンスを観ていると配信チャンネルが同じなものでサジェストでガルプラ動画が出てきちゃうんですね。それでステージだけ観ていたらやっぱりみんな素敵なわけで、繰り返し観ているうちに「この子達は今どうしているの?」と気になってしまい…元々Abemaに加入しているからいつでも観られるし…(まんまとMnetのYouTube戦略に嵌ってしまっている)

ガルプラの番組企画としての一番の特徴は「CELL制・日中韓合同オーディション」という点だと思いますが、日中韓各国33人の少女たち(これ番組で定義して参加者自身が「少女たち」と口に出すのなかなかだと思う)合計99人が参加して、各国JCK1名ずつの3人組=CELLを組んで、番組中盤までは一蓮托生状態で進みます。このオーディションも御多分に洩れず盛り上げのために視聴者投票でデビューメンバーが決まるわけだけど、このCELL制度&最終回直前まで各国ごとに投票できる人数制限があるシステムがだいぶ曲者で、毎回順位が全然読めない。いや、このシステムでいる内は読めるのですが(実力者揃いのKグループは票が割れ、上位に票が固まるJCは投票数が多くなり順位が上に行きがち)、最終回だけは国の制限なく1Pickになる&韓国在住者の投票価値が上がるため、おそらく最終的なTOP9(デビューメンバー)は、これまでの順位など全く参考にならないぐらいにぐちゃぐちゃになると思うんですよね〜…。システムの癖と運営側の編集策略ありすぎだろうと思いつつ、曲も参加者も良く毎週楽しく観てしまっているのも事実。ここまで楽しませてもらっているのだから、きちんとデビューCDは買わせていただきます。最後まで私は投票に参加しませんが、同じく観てる方はデビュー後まで彼女たちの夢を見守りましょうね。

ちなみに私はこの辺りのステージが好き。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

キムダヨンが凄く好きなんだけど、第1話からもうずっと「この子を絶対デビューさせる」という運営意図と演出が強すぎて、微妙にそのストーリーに乗り切れないというのはありますね…ラスト1位展開がかなりあり得ると思う。(いやそんなことを言ったらあなたI-LANDはどうだったんだ?と言われるともう何も言えないが…笑 ガルプラを観ることでMnetへの理解度が上がりお陰でI-LANDの解像度も一段上がったのでそれはとても良かったと思ってます。視聴者を盛り上げることと「売れる」グループを作り上げることの間を縫うのは難しいな。Mネは強引に傲慢にやり通しているが。)

 

イカゲーム

話題作を話題なうちに素早く観られた数少ない例。○△□。デスゲーム作品が結構好きなようで、気づけば有名作はあらかた観ている状態なんですが、イカゲームの視聴者数が桁違いな理由は分かる。キャッチーだもん。肝部分は「ゲーム自体」ではなく「韓国の社会問題」「(世界中で今最も共感を集めるであろう)貧富格差」をきちんと描いているところで、視聴者の関心が集まっているのもそこでしょうと思う。だから、日本のデスゲームものと比較するトレンドはかなりナンセンスというか監督も影響を受けたとインタビューで答えているし、そもそもの近年の韓国作品の盛り上がりからのパス、という要素もあるわけでそういう風潮にはなんかなぁと思う。ちなみに、よく比較に挙げられる同じくNetflix作品の『今際の国のアリス』も凄くきちんと面白いんです。栃木の足利に作られた「渋谷スクランブル交差点を再現した巨大スタジオセット」でリアルな無人の渋谷を表現しているのとか、本当にネトフリマネーよ良いもの見せてくれてありがとう。

※あと個人的に、イカと今際の比較ポイントで「ゲームルールの複雑性=イカゲームは単純な子供時代の遊びを活用しているから広く受け入れられた」論を見ていると、その昔『デスノート』と『コードギアス』が同時期にアニメ放送していた時期に、「ギアス能力の仕組みは、“ノートに名前を書いた相手が死亡する”に比べると複雑すぎてオタクウケ作品を脱せなかった」と評されていたのを思い出しますね。別にどっちが良いでも悪いでも無いだろと思います。

ちなみにちなみに、イカゲームのメインキャラクターの1人セビョクと私が応援しているアイドルグループENHYPENのニキくん(15歳の天才日本人ダンサー)の顔がそっくりという件、本人にもしっかり届きましたので、よろしければ下記インタビュー動画をどうぞ。他のメンバーに「シーズン2狙っていこう!」と言われてる。笑 いや、弟は作中にもう居るねん。

youtu.be

 

あした死ぬには、

Kindleのサジェストから購入。既刊3巻。42歳独身主人公、映画宣伝会社勤務、最近更年期障害の症状が出てきた。「40代の壁」を描くオムニバス作品。…という主題なのですが、なんだか凄くズーーンとした気分の時にたまたま見つけて一気に泣きながら読んだ。別に作品の展開で過度に泣きを煽られている訳ではなく、私が勝手に自分の生活とリンクさせて涙を流しているだけである。「どうするのが正解だろう」と、最近よく、考える。

主人公の後輩、冷静で判断力もある28歳の三月ちゃんが、得意先の憧れの女性の自死にショックを受けて一週間会社を無断欠勤するシーンがあるのだが、私も似たような繊細さがあるというか、世に対して「そんなものなのかよ」と思う体験が、社会人になってからは特に多くてはぁ〜〜〜とため息をついてしまった。でも、今の私なら無断欠勤はしないな。数日間、ふとした瞬間に思い出して息を止めてしまうくらい。そのぐらい鈍くなっている自分もいやだ。

主人公の中学時代の同級生、塔子は20代早々に結婚して専業主婦になり、一人娘の大学進学を機にパートとして働くことに。この作品、おそらく読んでいる殆どの人が「塔子が羨ましい」という感情を抱く作りになっているの、ずるいよ。私もあと10年、20年歳を重ねたときに自分のことをほどほどに理解して一緒にコミケに連れ出してくれる子供、欲しいなぁ。全然結婚なんてしたくないんだけど。そういえば、20代になって年に2~3回は一緒に旅行をしたり遊びに行ったりする相手である私の母が、去年あたりかな?電話口で「あなたは娘だけど、もう友人のようで私の一番の理解者なのだから死なれたら困るのよ(この時はちょうどコロナ感染や外出自粛による鬱症状を心配されていた。)」と言い出してびっくりしたのを思い出した。ちなみに私はもの凄く体が丈夫だし精神的な病を患ったり定期的に摂取している薬も無いほどなのだが、彼女は東京に住む人間の鬱リスクを常に心配しているのである。悪しからず。

いや、全く作品感想ではなくて申し訳ないな。作中では30代は割とイケイケの存在として描かれているけど、実際の30代(というか私)はそうでもないよ悩みまくってるよ〜〜〜と思いながら何度も何度も読んでおります。2間に収録されている雁須磨子先生とよしながふみ先生の対談も面白い。ここから半分だけ読めます。

 

リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様

リョーマ!も観れました。前述の通り劇場から足が遠のいてしまってなんとなく「観に行けないかも、」と思っていたのだけど、人からムビチケを頂くというミラクルがあり、全然人気のない日本橋の東宝シネマで鑑賞しました。日本橋に行ったの「ミッドサマー』以来だな。(ひらりささんと2人で映画を観るという不思議体験だったんだけど時間がなく観るだけ観て速攻別れた記憶が…)

許斐先生のハッピーメディアクリエイターぶりを感じる脳トリップ作品でした…直前に、最近また学園祭の王子様(テニプリの乙女ゲームです)をプレイしているという大学の後輩と「ジャンプ作品は血縁の物語が多いから最終的にヒロインと主人公がくっついて次世代に繋ぐ展開が多すぎる」という話をしながら観に行ったので、あまりに桜乃ちゃんがヒロインをしていてずっと笑っておりました。何十年前のファンブックのネタ(好みの女の子のタイプ)を昇華してるんだ…やめてくださいすぐ隣にまだ当時のゲームをプレイしているオタクが居るんですよ!?と思いながら…。学園祭の王子様かは覚えてないけど、コナミのあのゲーム群の中では結構あの好みのタイプが各キャラの脚本上で使われてましたよね?

youtu.be

あとおそらく観た全員が言っているだろうからわざわざ言及したくは無いのだけど、柳生がたしけのスペオキすぎて(腹筋が)辛い。な、中の人がミュージカル俳優だからですか?あとテニプリの長い歴史の中でもまだ観たことないプレイスタイルが見られるので、まだ観ていない方はぜひ。普通にミュージカル映画として楽しい。現代らしくラップバトルをするリョーマも見られます。

 

珈琲いかがでしょう

これを書いている今、観ています。原作漫画は読んでいるのですが、ドラマ放送当時は特に触れず。ついさっきNetflixでたまたま、ストーリーも分かるし流し見するか〜と1話を再生したら、何これめちゃ良いドラマ化ですね。なにが良いってキャスティングが良い。主人公の青山さんに関しては当時「中村倫也か〜」なんて思っていたのだけど、実際にみるとハマっているのに加えて各回ゲストがめちゃ良いね。とにかく真面目な女子垣根ちゃんに夏帆、無難を選んでしまうベージュカフェラテさんに貫地谷しほり、だめになったアーティストに臼田あさ美…と「わかるぅ!!!」と唸ってしまう人選。特に、ep4で原宿を歩いている臼田あさ美を見た瞬間に あぁ…!となってしまいました。私が作者のコナリミサトさんの漫画を初めて読んだのは、雑誌『CUTiE』に載っていた『ヘチマミルク』なので。懐かしいカルチャーの香りが脳にぶわぁ!と広がってたまらなくなりました。あと磯村勇斗な。これ以上のキャスティング無いでしょう、センスの良さよ…。

 

 

最近はこんなところかしら。もうちょっと色々な作品に触れたいなぁと思いつつ、新しいものを飲み込むには体力が必要な気がして(本当はそんなに重く考えずとも良いのも知ってる)、次々とは手を出せないのだけど。いまはAmazonプライムのバチェラー4が楽しみです。またいくつか溜まってきたら書くかも。

#週末ホテルステイ HOTEL CEN(ホテルセン)新大久保

ホテルステイ記事は「週末」か「平日」でタグを使い分けているのですが、この日はどちらに分類するかちょっと難しい。なぜなら9月のシルバーウィーク、22日(水)-23日(木・祝日)にかけて泊まっているから。仕事して、ステイして、休んで、また次の日も仕事。その後は週末。まぁでも休みの前の日だから「週末」分類にしてみました。

そろそろ旅に出掛けたい気持ちが溢れてしまいそうだったので、気軽に都内で異国情緒を味わえるこの街へ。前から気になっていたホテルに泊まってきました。

 

HOTEL CEN

hotelcen.com

最近「新大久保」や「ホカンス」で調べると必ずヒットするこちらのホテル。カフェだけの利用も可能。若い子たちがよく渡韓ごっこをしてる。今回はここに泊まって、新大久保の美味しいテイクアウトを食べてゆっくり過ごそう計画です。

この日はMTGが立て続いていて、新大久保に到着できたのは18時半頃。外観からもうお洒落なんだよね。うきうきでチェックイン。

f:id:caiconic:20211002223409j:image
f:id:caiconic:20211002223411j:image

今回は12平米のダブルルーム。ホテル内のどの部屋もコンパクトなつくり。狭い部屋が少し苦手でいつも20平米以上の部屋を選ぶようにしてるのですが、ここは全然狭く感じなかったです。ガラス張りのバスルームが効いてますね。コンクリートと木のミックス具合が心地良くて、こういうインテリアの部屋に住みたいな〜。
f:id:caiconic:20211002223405j:image

f:id:caiconic:20211002223548j:image
案内書きもなんだか気が利いている。良い感じに自由で、ホステルやゲストハウスっぽい雰囲気。

f:id:caiconic:20211002223542j:image

到着後、メールチェックだけして20:00になる前に夕食を仕入れにお散歩へ。ちょっと北に向かえばメイン通りに着くので、お店をちらちら物色しながら好きなジュース屋さんへ。

f:id:caiconic:20211003002011j:image

f:id:caiconic:20211002225318j:image

f:id:caiconic:20211002223554j:image

Juicyでスイカジュースを、駅前交差点のところの明洞キンパでキンパとトッポギを、ソウル市場で飲みものを仕入れてBack to the hotel。

こんな仕上がりです。ソウル市場、普段なら他のスーパーのほうが安いからそっちに行くんだけど、Paypayの新宿区キャンペーンに対応しておりとてもお得に買えました 嬉しい♡
f:id:caiconic:20211002223545j:image

f:id:caiconic:20211002223550j:image

ベッドに溢さないように気をつけながら、こんな感じで食べてました。炭水化物祭りだけど休みの前だから良いんだ〜。ちなみにお部屋にテレビは無し。鑑賞会などをやるにはタブレットか小さいプロジェクターなんかが必要だね。
f:id:caiconic:20211002223556j:image

そうだ、時間があったので鞄の中身を撮ってみました。たまに聞かれることがあるので。今日は夕方自宅からの移動だったので、翌日の着替えも持たず、これ+PCだけ。最近はランドリーが付いているホテルも多いし、下着なんかは寝る前に部屋で手洗いして翌朝には乾く。普段もだけど、できるだけ少ない荷物で移動したいんでよね。

f:id:caiconic:20211002232222j:image

 

少し歩きたくなったので、夜のお散歩へ。この時間に新大久保を歩くの初めてかも!21:00頃だけどドンキのあたりはまだまだ人通りが多かった。
f:id:caiconic:20211002232235j:image

飛び交っている言語も韓国語多めで、この日は気温が高くて夜でも熱気があったのも相まって一層異国の夜の雰囲気を感じました。懐かしいな〜早くまた海外に行きたい。夜市や食べ歩きが恋しい。

f:id:caiconic:20211002232229j:imagef:id:caiconic:20211002232237j:image

f:id:caiconic:20211002232219j:image

f:id:caiconic:20211003002646j:image

そのまま、部屋に戻る前に共有スペースをゆっくり探検しました。このホテルが一番海外感を醸しているんじゃないかな。韓国というよりブルックリンのような雰囲気だけど、韓国のおしゃれドラマのロケ地っぽいと言えばそれっぽいよね。ここでドラマが始まりそう。
f:id:caiconic:20211003002643j:image
f:id:caiconic:20211002232232j:image

そして水分取りすぎな私。夜のお供アベンジャーズを紹介するぜ!左から美酢サワー、ティラミスラテ、トゥンカロン、とうもろこし茶、マッコリ、スイカジュース。このマッコリはスーパーの韓国市場で激推しされてたんですが、すっごく美味しかった。
f:id:caiconic:20211002232246j:image

f:id:caiconic:20211002232227j:image

ちなみに、この後友人とアイドルの話をするスペースをやっていたんですが、3時間ぶっ通しで話した結果、全部飲み切ってしまい、寝る前に喉が渇いて備え付けのケトルとティーバッグで緑茶を淹れた。

 

気づいたら翌朝。素敵な窓辺だな〜。昨夜はスキンケアだけして寝てしまったので、ゆっくりシャワーします。
f:id:caiconic:20211002232224j:image

このアメニティのシャンプーコンディショナーが良すぎて自宅用に購入したいんだけど、日本だとまだアメニティ販売しかしていないんだよね。そしてなぜか韓国ブランドではなくアメリカブランド。結構高級ラインみたいなのにポンと置いてて凄いな〜。なんならこれ目的でまたここに泊まりに来たい…(未使用品がメルカリ転売されているぐらい人気みたい。良い香りだもんな〜〜)

f:id:caiconic:20211002232243j:image

10:00にチェックアウトして、でもその後も共有スペースには居て良いので少しPCを開くことに。その前に、まずはフルーツジュースを仕入れに行かねば。本日はいちごマンゴーです。フルーツジュースね、毎日飲みたいんですよ私。あぁ日本のどこのドリンクスタンドでもこのサイズがデフォルトで頼めるようになると良いのに…

f:id:caiconic:20211002235534j:image
f:id:caiconic:20211002235537j:image

このスペース、本当に気に入りました。昼を過ぎるとカフェ利用のお客さんで混んでしまうので、朝や夜の空いている時間帯にこの空間を堪能できるのは、宿泊者の特権ですね。

f:id:caiconic:20211002235531j:image

この後。投稿を見た友人がふらっと会いに来てくれたので、2人でチキンを食べて帰りました。友人おすすめのカンホドンチキン。大袈裟でなく、今まで食べた「揚げた鶏肉」ジャンルで一番美味しい…!なにこのカラッと感。無限に食べられる。友人は10回以上来ているけど、毎回新鮮に美味しくて感動するとのこと。2人で黙々と食べるだけ食べてすぐに別れました。この行動のフラットさ、我々いつの間にか大人になりましたね。笑
f:id:caiconic:20211002235529j:image
f:id:caiconic:20211002235526j:image

 

というわけで、街が本格的に混みだす前にこのトリップから離脱・帰宅。ゆっくり家事を片付けてその後お昼寝しました。良い休日の使いかた〜心も身体も満たされ癒されました。宿泊してみると、その街の夜と朝の顔を見られて良いですよね。お客さんなんだけど、たった数日だけ住人になれる。

ホテルに泊まりたいモードがまだまだ続いているので、10月も引き続き気ままに予約を取ってしまうかも。また素敵なホテルに出逢えますように。

#平日ホテルワーク THE KNOT TOKYO Shinjuku

今週は忙しかった。一つのことを突き詰めてできずマルチタスクを回して生きるのは自分の習性みたいでいつも気づけばそんな働き方をしているんだけど、「今週作らなければいけないけど面倒な資料」がずっとタスクの一番上に表示されていて、でも面倒なのが分かりきっているからなかなか手をつけられず、「このままでは三連休にも絡れ込んでしまう…」と危機感を覚えて突発的にホテルに泊まってきました。

 

THE KNOT TOKYO Shinjuku

hotel-the-knot.jp

施設内にベーカリー、カフェ、レストランがあり、全部そこそこよく利用してる(笑) 都内で一番よく足を運んでいるホテルなんだけど宿泊したことはなかったのでこの機に。ここに来ると仕事が捗るのです。

夕方ちょうど打ち合わせが終わったタイミングで自宅から移動してチェックイン。カードキーは無くて、暗証番号を入力するタイプ。カードの持ち運びや部屋のホルダーに差し入れるの地味に煩わしいから嬉しい。

f:id:caiconic:20210918104358j:image
f:id:caiconic:20210918101058j:image

一旦区切りを付けて、一階のタパスラウンジへ。ここはランチとBarを利用したことがあります。ランチブッフェは本当にファンが多くて、こんなブッフェ他に無いよ〜!という感じなのでぜひ昼間に行ってみてください。なに食べても美味しいのよ。

f:id:caiconic:20210918101132j:image
f:id:caiconic:20210918101129j:image

普段はタパスがメインだけど、今はメニュー数を絞っているみたい。カレーかハンバーガーにセットでサイドメニューとドリンクを付けられたのでそちらにしました。ほぼ貸切のような店内。こんなに雰囲気が良いのに。

f:id:caiconic:20210918101155j:image

ここのストローはプラでもなく紙でもなく「竹」なのである。紙ストロー苦手だからポイント高い。ちょっとした気の利き方が素晴らしい。
f:id:caiconic:20210918101152j:image

 

ゆっくり食べた後、20:00になる前に近所のドリンクスタンドへ。前を通るたびに気になっていたのだけど、なかなか買う機会がなかったので嬉しい。国産茶葉が売りのお店なので、抹茶、ほうじ茶、さんぴん茶あたりがベースのドリンクが多い。そしていつの間にチーズケーキの販売も始まってたので、翌朝食べようと一つ購入。

f:id:caiconic:20210918101327j:image
f:id:caiconic:20210918101329j:image
f:id:caiconic:20210918101332j:image

tabelog.com

ほうじ茶ラテをお供に、そのまま1階のラウンジで仕事をしてました。ここのラウンジもだし、2階にもゆっくり座れるソファやワーキング用スペースなどあり、家と会社以外で仕事したい人間の味方のようなホテルなんです。

f:id:caiconic:20210918101407j:image
f:id:caiconic:20210918101410j:image

やっぱり少し人の気配がして、快適に整えられた空間が一番集中力が高まりますよね。20:00以降も飲食店が開いていた時は、終電までカフェやファミレスで気ままに作業するということが習慣化していたので、たまにその生活が恋しくてたまらなくなる。同類の皆様、そういう時はホテルに泊まりましょう。平日なら数千円で行けますのでね…

無事に資料に手を付けられある程度目処も立ったので、一旦部屋に引き上げて少しだけ散歩に。この辺りはそもそもよく来るので、通ったことがない道なんかもあんまりないんだけど、それでも夜の顔はまた一味違うな。今の22:00以降の東京は本当に人がいない(繁華街を除く)。

f:id:caiconic:20210918104043j:image
f:id:caiconic:20210918104045j:image

その後は部屋に戻ってまたベッドで仕事して、あとは応援しているアイドルの新曲のプロモーション動画が発表されたので騒いでいたらいつの間にか寝てしまいました。ふぅいつもと違う場所で過ごすと1日が長いな。おやすみなさい。

f:id:caiconic:20210918104120j:image

 

朝ごはん。モーニングメニューも美味しそうだったけど、平日なのでそこまでゆっくり食べる時間も取れなさそうだったので、1階のモアザンベーカリーで焼きたてパンを一つゲットして、部屋で珈琲を淹れて食べました。こういうのも良いよね…

f:id:caiconic:20210918104144j:image
f:id:caiconic:20210918104149j:image
f:id:caiconic:20210918104147j:image

 

それにしても私、モアザンを好きすぎ&ネットに載せすぎである。笑 でもここを見つけた時の感動が残っているのは良いな。当時はまだ全然雑誌にも載ってなくて、ティースタンドもやっていて一杯ずつ淹れてくれてたんだよ…!ミルクティーをミルクパンで作ってくれていた。懐かしいな。

 

10:00にチェックアウトした後はそのまま2階のワーキングスペースで仕事を。ベーカリー&レストランの利用者も使えます。穴場の作業スペース。空き状況は日による。

f:id:caiconic:20210918104213j:image
f:id:caiconic:20210918104209j:image

昼過ぎまで仕事をして、西新宿駅そばでランチをして帰宅しました。

f:id:caiconic:20210918104221j:image

 

いや〜良い気分転換になりました。資料も進んだし!無事に目的達成ですだん。よく行く街なんだけど、ホテルに泊まってそこを拠点にした生活を少しだけ体験するとまた見方も変わったりして。やっぱりホテルステイは良い娯楽だな〜としみじみ思いました。家にいる時より時間の使い方がキビキビするから1日の時間が増える感覚味わえるしね。

来週も1人でふらっと泊まりに行く予定なので、また気が向いたら載せます。

【月末決算】August 2021 byとあるENGENE

ひと月という時間が過ぎ去るのが早すぎて怖い。そんなことを言って9月ももう1/3を過ぎたこのタイミングでようやくブログを書き始めております。色々あったので、先週までは全然元気ではなかったので…いやぁ皆元気そうでなによりです。後遺症や肺へのダメージなど凄く心配で数日間生きた心地がしなかったけれど、結果的にはゆっくり過ごせたようで、カムバ活動もまだ始まる前だったから丸っとスケジュールを引き直せそうで良かったね。ゆっくり回復して、ゆっくり仕切り直そう〜。

先月分はこちら

www.entameism.com

ENHYPENの8月末決算はこちら

youtu.be

ソンフンのTシャツを見ながら「バーバリーロゴ前のほうが可愛かったな」としみじみ思うなど。

 

萌えの吐き出し場「Fleet」機能が終わってしまう

Tweetではわざわざ言わなくても良いけどここでだけ吐き出したい…!いうことを載せまくってました。日本のTwitter廃人の間でもトップレベルにFleetを使い倒していた自信があるわ…「日本のTwitter廃人の中で」ということは世界でもトップレベルでということなので、Fleet機能が無くなってこんなに哀しんでいる人間いないでしょうってくらい寂しかったです。11月からの実装なので、私のENGENE歴のほとんどはFleetくんと併走していたんだよね。一緒に約9ヶ月間走り抜けてくれてありがとう…(感傷)

f:id:caiconic:20210914202011j:image
f:id:caiconic:20210914201919j:image
f:id:caiconic:20210914201924j:image
f:id:caiconic:20210914201921j:image

最後の最後に怖いことを言ってるし「THANKYOU」の順番打ち間違えてて笑う。最後だからね!

Fleet終了きっかけにヒスンペンさんから感情激重マシュマロなども頂いて泣きました。同志よ…なぜヒスンに惹かれる人間はこうも感情が重いのか…(本人がそういう人間だからです。)

 

愛しの双子ちゃん

双子のケミ名が「쌍둥이즈/Twinz/双子ズ」になる前からヒスンとジョンウォンが好きなのだが(制定日の11/27は祝日にすべきである)、8月は双子の供給が多くて楽しかった。

8/3(月)のANNXのゲストも双子ちゃん。

 

8/6(金)のヤンのソロVlive、「誰か来そうだな〜」と仕事をしながらぼーっと聴いてたらヒスンヒョンが来て泣いた。しかもジョンウォンがカトクで「来てよ〜!」と呼び出してて可愛くて卒倒しそうになった。ヒスウォンが2人でいる時のひそひそ穏やかに楽しそうに笑う雰囲気が大好きなので、2回目の2人Vラ ひたすらに幸せでした。

EN-LOGもお互いに登場してて笑いました。普段良いだけ宿舎を散らかしながら生活しているのに、掃除したときはヤンに褒めてもらいたがるヒスンさん…(ヤンは褒めてその気にさせるの上手そうね。

youtu.be

youtu.be

EN O'CLOCKの感想は後ほど書きますが、それもサンドゥンイズシーンが多かったね…何度も言ってしまうがあからさまにコンテンツチームに同士が居る。「쌍둥이즈」っていうテロップを振りたいだけの人間がいる!(いつもありがとう ところでそろそろウィッシュリスト公開してくれる?)

そして7/31のジェイクヨントン日に109で3,000円以上の買い物をしたくてサンリオショップで購入したエンジョイアイドルシリーズのキキララちゃんケースをようやく下ろしました。私はメンタルが強いので全くオタクではない友人の前でも振る舞いを変えないし、おもむろにバッグからこれを出して写真を撮るというような行動もしちゃうんですが、それを見た友人たちの「でた!遂にその遺影みたいなの持ち歩き出した」「偶像崇拝〜!」という煽りにも負けず(煽りレベル高くない?)、めちゃくちゃ可愛い写真を撮ってきました。「好きな香りは?バラの香り」というヒスンさん(by Japan Official ENGENEコンテンツ)と、「今のシャンプーはバラの香り」なジョンウォンさん(by Vlive)からなるKPOP界のリトルツインスターズ…💫🌹

f:id:caiconic:20210914201811j:image
f:id:caiconic:20210914201815j:image

 

友人とたまにアイドル全般トークをするSpaceをやっています

友人の明日菜子さんとアイドルスペースやりました。2回目?かな?明日菜子さんはドラマウォッチャーのジャニオタお姉さんなんですが、昨年からBTSも好き、芸能全般が好き、なので、アイドル含みで芸能全般についてだらだら話すのが楽しい。聴いてる皆さんがマシュマロからお題をくれるんですが、なかなかに深い議題が多くてそれについて議論しているだけで楽しいのです。8月もなかなかに良いテーマ感でお送りしました。

あとタイムリーにJとKの違い見たいなテーマで界隈がザワザワしていた時期なのでその話にも触れたり。私は本当に単純に、国内のみで効率良く稼ぐビジネスモデルが出来上がっていて職業寿命も長いJの仕組みもカルチャーも素晴らしいと思ってます。というか、お互いにお互いの長所が羨ましくそこを手に入れようとすると既存のモデルが崩れてしまう対岸関係にあるのに流動的なファンとマネーを取り合っている(固定ファンは双方とも対岸には流れないでしょう。でもどっちつかず勢って多いからね。)というのが面白いんだよな。ここを比べて優劣を議論することに建設的な意味はないけれど、比べられる関係だから面白いというか。どっちも近づきすぎずに居てくれるのが一番面白いような気はしますけどね。 

このスペースをやると毎回後日のマシュマロも盛り上がる。みんなアイドル好きだね。この「世界を目指すってなんぞや?」については次回のスペースで話しましょうと言ってるよ〜!ところで、いつやる?(なんだかんだ我らガルプラの話をしちゃいそうだな、、)

 

今月のEN O’CLOCK感想

★Ep9 「ENHYPENに外国語禁止ゲーム」という神の組み合わせを見つけてしまったスタッフ

youtu.be

続・神回ありがとう〜ENHYPENのコンテンツで一番笑ったかもしれない。メンバーをドローン冷風機で冷やしながら上空から撮った映像、とんでもないフェチ動画だな…みんなやったほうが良い(?)

★Ep10 塾通いのENGENE、会社勤めのENGENE~♪

3回に及んだアウトドア回。最終回はゲーム、BBQ、焚き火と音楽!ジェイフンが炸裂してましたね。ソンフンの変なところに対して一番「なんなんだこの子は…」という顔をしつつ理解しているジェイ、最高です。全く別で今SEVENTEEN先輩の『In The Soop』を観ているのだが、ENHYPENも7年目の契約更新したタイミングでぜひあの企画に出てほしい。ある程度仕事に疲れてきて生活に拘りが出てきてからこその番組よねあれは。今はこのぐらいのわちゃわちゃ加減が良いなぁとしみじみ思ったアウトドア回でした。

youtu.be

★Ep11 出たバスの中でゲームする回!

『ENHYPEN&Hi』で観たやつ!もしかして韓国のバラエティーだとよくある企画ですか?あの頃よりゲームの難易度が下がってて、かつニキくんの語学力も上がっており色んな意味でハラハラしなくてよくなってて良かった。パクソンフンの不憫イケメンキャラ(たまに大声で叫ぶ)ってずるいよね…。

youtu.be

★Ep12 あ〜巨大アスレチックで遊ぶやつだ〜!

BTS先輩のコンテンツでたまに見かけるロケが大変そうなやつ…!凄く楽しかった、可哀そうで可愛くて感情が大変なことになってしまいました、、スポーツが上手くて野生耐性のありそうなニキジェイクが高いところも怖がらないのが良いわよね。遭難するならこの2人としたい…(「無人島に一緒に行くなら?」で初期の頃ジェイが挙げられる率が高かったけど絶対この2人とのほうが生存確率上がると思う。)

youtu.be

その他8月好きだったコンテンツ

★ENHYPEN'S IN MY BAG 

youtu.be

「KPOPアイドルの鞄の中身」。ENHYPENをそこまで知らない相手にみせても面白いと評判が良かったです。ジェイは本当に企画力があるよね、本人も自覚していると思うけれど起業家タイプ。私がENHYPENの未来をあんまり憂いていないのは、仮に会社を辞めることがあったとしても独立運営をこなせそうな人間が多いからなんですが、その安心感の筆頭はジェイだよ。他の6人のことをこれからもよろしく頼むなパク社長…いや、CEO。

★×TAYOコラボ楽曲「HEY TAYO」「BILLY POCO」

youtu.be

youtu.be

うっ世界一可愛い歌のおにいさん達…!TikTokでも「TAYOチャレンジ」が流行っているみたいで他のアイドルグループの方が踊っているのを見ると不思議な気持ちに…本当に会社が仕掛けるのが上手いなぁと思っております。『FEVER』もTikTokで流行ったしどんどんポピュラーな存在になっていくなぁ。

★イヤホンガンガンゲーム

youtu.be

長男イヤホンガンガンゲームに強いの法則。読唇術も上手いんだと思いますが、意図を察する力に長けているのでしょうね。これもジェイフンが最高だった。一生言い争いをしててほしいな。

★AMI グローバルアンバサダー撮影風景

youtu.be

ENHYPENがアンバサダーのうちになにかAMIを買おうと思っていて、いまの候補はお財布。このグリーンのこっくり感可愛い〜!あとはNot For Saleでジョンウォンが着ていたミントのニットが可愛かったのであれも欲しい。動画に出てくるAMIロゴの風船もSo Cuteである。良いお仕事いっぱいしてくれ。

 

自分の中のメモ的トピック

数年後に「あ、この時期にこれがあったのか」とすぐ思い出せるように。

すごい珍事故だった…深夜0:00回ってからこの緊急対応をするスタッフよ、

仕方のないことだけどKCONのために用意していたパフォーマンスや1周年の演出もあっただろうし出演キャンセル残念。本人達が一番無念だろう、、泣

私もソウルに行くとき、いつか泊まろう。

 

はい、8月分はここまでにします。

先月立てた目標「穏やかに過ごす」、8月内はゆっくりできたんじゃないかな〜。コンテンツ供給過多で、空白期間に絶対よそ見をさせないぞという気概を感じながらひいひいコンテンツ消費をしていたので、忙しくも幸せな月日だった気がします。

9月、本来だったらカムバ月だったけど、このまま一月二月ずれて自分で当初予想していた10~11月になりそうだね。撮り溜めてたコンテンツも無くなってオールナイトニッポンもエンオクも暫くお休みになって、ある意味なんの気負いもなく素直にゆっくりと本人達は休めているんじゃないかな?と思います。やることがなくて逆に辛そうだけれど!笑

9月後半になったらゆっくりと活動も再開するだろうし、穏やかに見守ります。というわけで9月の自分の目標は「健康第一」に致します。最近疲れてるので、、

ではではまた来月。あんにょん〜!