エンタメ至上主義

迷ったら楽しいほうに舵を切る人生

ENHYPEN WORLD TOUR MANIFESTO in SEOUL 2022.09.17-18 2Days【コンサート感想】

ENHYPEN初のコンサート、そしてワールドツアー、スタート開催地となる韓国・ソウル公演2Daysに参加してきました。感想と備忘録。

 

f:id:caiconic:20220920071250j:image

 

会場:SKハンドボール競技場(オリンピック公園)

いろんなアイドルがコンサートしている会場ですね。紫の5号線「オリンピック公園」駅下車、駅からの動線がもうイベント専用のものとして作られているので、降り立った瞬間からテンションが上がる良い会場だなと思いました。

f:id:caiconic:20220920071403j:image
f:id:caiconic:20220920071401j:image

9月17、18日は同日で向かいのKSPO DOME(収容人数約15000人らしい、こちらは5000人ほど)でStray Kidsもコンサートを開催していたので、両方のファンが入り混じってお祭りのようでした。

 

開場・入場まで

会場までには、フォトブース、グッズ販売ブース、ファンクラブ特典引き換えブース、チケット交換ブース、リストバンド引き換えブース、ペンライトセッティングブースが並びます。

f:id:caiconic:20220920073707j:image
f:id:caiconic:20220920073710j:image
f:id:caiconic:20220920073713j:image
f:id:caiconic:20220920073704j:image

 

●チケット交換

INTERPARKで予約したチケット番号、氏名などの情報と、個人情報証明書(外国人の場合はパスポート)を照合して交換する。問題なければ紙のチケットを渡してもらえる。

●リストバンド引き換え

紙チケット受け取り後にリストバンドをもらう。ここでもチケットとパスポートの照合確認有り。確認後、絶対に手から引き抜けないだろうというレベルできつく結ばれる。他人名義のチケットはそもそも発行できないし、紙チケット発行後に会場内で転売するようなことも出来ないわけですね。システム化が凄いな。(先月行っていたKCON LAでは、2日間同じリストバンドを利用することもあり「お風呂で困らないように緩くまくわね~」とぬるぬる巻きだったのでそれとのギャップに少し笑った。)

●ペンライトセッティング

ENHYPENはコンサート会場で自動連携させるための専用アプリがあるのですが、それとペンライト本体をペアリングするための専用ブースが設置されています。自分でできるような端末が何台も置かれているけど、外国人はスタッフさんが居るレーンに通されてセッティングもお任せでやってくれる。2日目、ブースが開いている時間に間に合わず、自分でアプリでペアリングしようとしたらペンライトが探知認識されずコンサート中自分で色を変えながら対応することになったので、不安な人はセッティングお任せしたほうが良いですね。

●ファンクラブ特典引き換え

チケット、リストバンド引き換え後に向かうとスムーズ。当日の自分のチケットとパスポート、ファンクラブ会員証(Weverseアプリ上提示でOK)を見せて照合、問題なければランダムでトレカを1枚もらえる。当然ながらブース脇でトレカ交換がおこなわれているわけですが、ジョンウォン求むの集いが軽く30~40人ぐらい待機してて度肝を抜かれました。

●整理番号順列形成

1日目は1階スタンディングエリア、2日目は2階スタンド席でした。スタンディングエリアは定時になったら整理番号順に列形成、早い順番から入場が始まります。この整列が、「完全なる整理番号順」で。列形成中の1~2時間ほど何度も何度も自分の番号を確認されるので、ここで横入りや番号ごまかしなども難しすぎるなと。何度もいうけど厳密さを極めたような凄いシステム。

ちなみに、チケッティング時に希望のエリアは選べないのでどこになるかも整理番号も完全なる運です。2日間通して私はスタンド席のほうがはるかにコンサート体験として良いなと感じたので、次回ソウルコンもスタンドに入りたいんだけど、はい選べませんね…。

f:id:caiconic:20220920073808j:image

基本的に万事、自分の名義で取ったチケットでパスポートを所持していれば問題ないなと感じました。それだけにこのシステム化でチケット代行とかどうやってやるんだろう!?

 

セットリスト

この後に続くアメリカツアー、日本ツアーも全く同じセトリ(日本はおそらく日本曲が入ってくるが)だと思うので、ネタバレしたくない方はお気を付けください。

デビュー曲『Given-Taken』で幕を開けるエモセットリストです。曲順だけ見るとほぼアルバムをデビューから順に並べたような形だけど、この2年という時間を振り返る意味で最大限効果的なセットリストだな~と感心しました。合間合間に演出や曲のムード合わせでアルバムを飛び越えて入ってくる曲たちがまた良かった。ペンミーティングの時も思ったけど、セットリストと演出のセンスは抜群に良いなと信頼している。それぞれの曲の意味や役割を引き出すのが物凄く上手。観た後に大体の曲のことを3割増しで好きになっている。

衣装チェンジは覚えている限りで7回。白タキシード、デニムジャケット、赤いシースルーのガードがゆるいやつ、制服ブレザー、バカギラギラユニフォーム、白てろPRADA、アンコールのツアーTシャツ・パーカ。3曲目ぐらいでもう汗だくなのが分かるので衣装チェンジが大変そうすぎて、衣装変えて出てきただけで大拍手がでる。よ、良くこの短時間で着替えた~👏

 

ここからは特に演出が好きだった曲の感想。

●Given-Taken

ENHYPENの初ツアー、初コンサートの1曲目なのだからこの曲しかないわけです。イントロ終わりにステージ中央に立った7本の柱(アイドル演出的にこのテンプレなんて言うのかな?エレベーターのように昇降するやつ)からメンバーが登場。ステージ中央で眼光ポーズしてからの‟♪Wake up in day one”から始まる歌い出し。既に泣けてくる。エナプの曲は「Day one(最初の1日、昨日までの自分とは生まれ変わった)」という概念を多用しがちですが、そこが好きです。よくこの曲でデビューしたよ…。

●Drunk-Dazed - One in a Billion - FEVER

ここのパートは全てがずるいと思った。まず、D-Dに入る前のVCRで頭をやられた。薔薇に彩られた庭園で7人だけのお茶会。平和な日常から血の世界に移り変わって、少年たちは吸血鬼になってしまった。長卓の一番遠い場所で向かい合わせに座るヒスン・ジョンウォンがめちゃくちゃ解釈に合ってたのと、G-Tと同じくテーブルの上に立ち上がるヒスンさんがドエモでしたね…。

2022年になってからのENHYPENのクリエイティブがどうにも好みでなくてウーン…と思いながら日々過ごしていたので「まだこんなの作れるんだ!?」と驚くとともに希望が持てました。まだまだカーニバルみたいなのやろうよ…BORDERシリーズの唯一無二感凄かったじゃないですか…。

そもそも「Drunk-Dazed」が一番好きな曲なので、こんなあからさまに会場の熱量にブーストかけようとしてるパートでメインに扱われてとても嬉しい、そしてD-DとFEVERの人気曲の間に挟まれる「One in a Billion」。演出がずるいよ…その薔薇祭壇いつのまにセッティングしたんだよ…食卓や祭壇に乗っかる背徳的演出好きですね。FEVER前のダンスブレイクは動きが凄すぎてよく分かりません。(友人たち誰に見せても「狙いは分かるんだけど、動きの凄さに目を奪われて結果よく分からない」になる。本当にな。)

ここのパートで着ている赤のシースルー肩だし衣装がおそらく一番人気だと思うんだけど、私は終わった後に酒を飲みながらずっと「ヒスンの腹はあんなに安くない、せめてCalvin Kleinの広告仕事を持ってこい」と憤っておりました。推しの身体の軽率な露出ゆるせない😡😡😡

●Attention,Please!

アテプリ大好き。もちろんライブ向きな曲だなというのは分かってたんだけど、やっぱり生で聴くとダイレクトに熱量を上げて会場を盛り上げてくれる曲。その前の薔薇パートとは打って変わってブレザー姿で爽やかにやるのも良い。ここから「Polaroid Love」「Just A Little Bit」へ繋ぐ流れも見事だなと思いました。

●Go Big or Go Home

もあにみょんどここなんだ~!って。基本的に2階スタンド席は着席で見る形で、煽られた時だけ立つんだけど、この曲もその一つでした。メンバーの名前コールはこの曲の間奏が一番楽しいと思う。”♪I need a diamond ring”の時にうっかりスクリーンを見上げて小指投げキッスをダイレクトに摂取すると破壊力が抜群ので、軽率に食らわないほうが良い。

●アンコール

アンコール曲の采配、見事だ…。「ParadoXXX」の‟♪ We back !! haha”なんてよく考えたらアンコールの為にあるもの。その後に続く、最終曲となる「SHOUT OUT」。これってこんなに良い曲だったんだなと、コンサート後にもう延々とリピートしています。 みんなで声を出せるし、ダンスが無いのでメンバーも思いっきり歌えるし。ここの高音パートで楽しそうに幸せそうに歌っていたヒスンさんの顔が忘れられません。

 

私の好きなミュージシャンの言葉で、「ライブで味わったこの楽しい時間、熱や感動をいつでも思い出して忘れないでいられるように曲があるのかもしれない。」というのがあるんだけど、コンサートやライブを経ると、曲にどんどん思い出が乗っていく。今回聴いた曲、もう全部コンサートに来る前より好きです。セットリストと同じプレイリストを流していると、簡単にあの時間を思い出して、目を閉じてああ楽しかったなとトリップできる。現場って良いですね、コンサートって良いものです。

 

そのほか感想

ジェイクから挨拶が始まって、最後のソヌに辿り着く頃にはもう感極まってて、みんなで「ウルジマ~!」をする流れ、いつまでも大好き。一番涙もろい子が公式順で上手端にいるせいで、エナプのイベントはいつも誰かが泣いちゃってそれを慰めて、みんな最後は照れ笑いになるので可愛い。そんなソヌが「7人でデビューできて本当に良かった」と言ったのは、本当に良かったね。

7人でデビューすることが決まった2020年の9月18日、それから2年後の同じ日のコンサート。意味が乗りすぎていて「さぁ泣け!」と言われているようだけど、まぁあっけなく、思惑通りに泣きました。だってあの空だった観客席が今は満席でその中に自分もいるんだもん、まだ好きで、夢の続きをまだ一緒に見てるって凄いことではないですか。

ヒスンさんのことを言うと、2日間本当に幸せそうで楽しそうで、目に涙が溜まっても溢さずに最後まで歌いきってた姿が印象的でした。多分最初に、人生で一番情緒不安定だったろう姿を見ているから、この人はこの先この過酷な世界で生きていけるのかなと心配していたこともあったけれど、自分の好きを曲げずに上手く苦手なことを回避するくらいには図太くなって、傷つきやすいから傷つく前に籠もりがちで、ずっと一生懸命ぐるぐるしてて、そういうところが好きだなと思います。ヒスンは自分の夢に真摯で、自分のことを大事にしているところが良いよね。このままずっとステージがヒスンの夢の場所であると良いなぁ、そうしたら私もずっと観に来れる。笑 彼はインタビューのたびに「ずっと幸せに音楽をやる」と言うけれど、私もずっとと言いたくなるよ。いろんな場所に連れてきてくれてありがとう。

 

まだまだツアーは続くけれど、どうか全公演無事に、楽しい時間になりますように!Twitterなどでは予告してましたが、私は少しだけ休みます。でも落ち着いたらまた戻ってくるので、その時が楽しみだな。

 

▼渡韓中のTweetはこちらにまとめてあります

togetter.com

▼プレイリスト🍎

music.apple.com


【22'LA旅】パッキングブログ

ちょうど今、なう、LAに来ています。こちらは夜の0時。8月19日に日付が変わったところです。18日の14時に日本を出て、18日の朝9時にこちらに着いた。不思議ですね。(時差はLAが-16時間)

f:id:caiconic:20220819162024j:image
とても楽しく過ごしていますが、以前こちらのマシュマロを頂いていたので、せっかくなのでパッキングについてまとめます。

f:id:caiconic:20220819162159j:image

コスメ・スキンケアはあんまり興味がないのでパスします。(自分の中の好みはあるけど、人に紹介するようなこだわりはない)

 

f:id:caiconic:20220819162423j:image

海外に行くときは大体このキャリケースと、PCが入るトートバッグを1つ。キャリーは3〜4年前にAmazonで1万円ぐらいで買ったなんでもないやつです。預け入れ荷物で、特に海外エアラインに乗ると、大体裏側で荷物をぶん投げられながら収容されてるためすぐ傷ついてしまうので高価なものは一生買わないと思う。国内用はトロッターの20インチなんですがそれも絶対に手荷物で持ち込みます。(一度預けた取手の昨日部分が欠けていたので...泣)

パカッ

f:id:caiconic:20220819162956j:image

大まかにいうと、右側が必需品で、左側が流動性が高いものを入れることが多いです。今回は左側に、コンサートの応援グッズ、現地で持つための小さなバッグ、消えものなど。

f:id:caiconic:20220819163152j:image

実はスカスカなので、ここから結構詰め込めます。お土産類もこちらにまとめてしまう想定。なにを買うか分からないので、念のため梱包プチプチや保冷バッグも入れて置いてる。

収納ポケットに入ってるのは、ティーバッグ、アクセサリー、サングラスなどの細々して見失いそうなもの。

f:id:caiconic:20220819163418j:image

続いて右側。必需品と言いつつ、服とコスメスキンケア類です。あとヘアアイロン。かなり厳選はしているものの、私はちょっと服を多めに持ってきがち。今回でいうと、3泊4日で自由になる日は3日なので3コーデ分で良いところを4.5個分ぐらい持ってきてる。着替えるかもしれないし気分で変えたくなるかもしれないから、あんまり「もうこれを着るしかない!」みたいな状態にはならないように。

 

そして服はですね、何着かずつ全て小分けの袋に入れてます。圧縮袋ではなく、あくまでただの仕分け用。服って持ち運んでるうちにキャリーの中でごちゃっとぐちゃっと混ざってしまって、人前で開ける時など緊張感が走りませんか?それがいやなのと、管理がしやすくなるため全袋制を導入しました。SHEINを買った時に入れられてくるジップロックがとてもぴったり。

f:id:caiconic:20220819164042j:image

 

コスメ・スキンケア類の収納は今回から進化しました。今までは、IKEAの大小ジップロックを使って外からなにが入ってる状態にしながらもがさっと雑に持ち歩いてたんですが、すべて一元管理できるポーチを購入したのです。

f:id:caiconic:20220819164257j:image
f:id:caiconic:20220819164300j:image

こんな感じ。思っていた以上にたくさん入って使い勝手が良すぎます。私もまだ使い方を模索中だけど、上部分にコンタクトとクレンジングシート、練り香水、歯のフロスなど。
f:id:caiconic:20220819164254j:image

下はスキンケア、お風呂用品、メイク用品ごちゃ混ぜですね。全部一緒くたでも、このポーチを洗面台に置いておいて、そこから各作業時に振り分けていくと効率が良いなと今回学びました。一つにまとまってることで本当に動線が良くなったー!

f:id:caiconic:20220819164622j:image

メイク道具をチラ見せするとこんな感じ。私は旅が多いのでそもそもコスメは小さいサイズやパウチが好きなのと、旅先であれもこれもと欲張らないように心がけてるので、だいぶものを減らせている方のはず。それでも旅中はゆっくりマッサージしようなどの自分への多大な期待でスクラブやボディローションを持ち込んだりもしますが...。

 

スキンケアなんかは、宿泊日数分のシートマスクを持ってきて、翌朝洗顔時はパウチ内に残っている化粧水をつけたり、水ものは極力そのまま消えていくようにしている。段々量を引いていって、引きすぎたなというときは現地で買ったりして自分にちょうど良い「旅中のスキンケア感」を見つけるのも楽しいよね。

私も今回、洗顔類が微妙に物足らず(クレンジングシートとDUOの洗顔料に加えて、酵素洗顔の小さなカプセルを入れるつもりが忘れた)、果たしてこれで効果はあるのかな...?と思いつつLAのスーパーでオイルを買い足してみたり。

 

ついでに持ち込みの手荷物も。そっちもポーチに小分けして収めるのが好き。生身のままでバッグ内にいる子を減らすとごちゃごちゃしなくなると信じている。

f:id:caiconic:20220819165623j:image

手前の青のエミレーツのポーチにパスポートやお金などの失くしてはいけないものをまとめて、奥の赤のポーチには機内用のスキンケアや消毒液、サプリ、マスクなんかをまとめてます。(キンキー2019で買ったポーチをようやく下ろしたけど本当に可愛い!)

小さなこだわりでいうと、海外旅行中はいつもの財布は置いてきていて小さなジップロックに入れるのが好き、現金が余ったらそのまま保管しておくのがちょうど良い。あとは写真の下段真ん中にある「SIM・SIMピン入れ」は超重要アイテム、かつ無い人もいると思うので人に自慢したいです。どや!

トレカやアクリルキースタンドなども今は便利な収納アイテムがあるので、それにまとめるとすっきりするね。私はサンリオが出してるリトルツインスター商品で統一してます。

 

f:id:caiconic:20220819170219j:image

あとは、メイクポーチと同じ柄で買ってみたエコバッグ...というか最後にお土産が増えてキャリーに収まりきらなくなった時に外付けできる用の「いざという時のためバッグ」も良い感じ。ペラペラだけど、ファスナー付きで買い出し時のエコバッグにもなり、預け入れでも機内持ち込みでも処理できそうです。キャリーに1つ入れておくと安心かもしれない。

f:id:caiconic:20220819170416j:image

 

そんな感じで、快適に旅中でございます。

また旅行が終わったら後々なにかを書くかもしれないのでそのときはぜひ読んでください。

 

8・11

お久しぶりです。最近自分の過去のブログを読み返してて、去年の夏は気まぐれに日記を書いていたんだな1人でふらっとホテルに泊まりに行ってたなと新鮮に楽しく映り、なんだか書きたくなりました。なので日記です。

 

祝日の本日。朝イチで髪を整えに行き、ちょうどお昼前に自由になるのでどこでランチしようかなと施術中、雑誌を読んだりKindleで小説を読んだりしながらうつらうつらし考えていた。髪を切られている間のゆら〜っとした思考って特殊だと思う。なにかを考えているようでなにも考えられない。最後に髪を巻いてもらっている時に、美容師さんが最近写真集の撮影同行でバンコクに行ってきた話をするので、すっかりその口になってしまい、ミヤシタパークのよく行くエスニック料理屋さんでランチコースをいただきました。前菜に生春巻き、スープにトムヤムクン、副菜で点心3種、選べるメインにパッタイ、デザートはチャイチーズケーキ、ドリンクはジャスミンティーがおかわり自由。お腹がはちきれそうだった。最近忙しくて、肉体的にもそうだけど、頭で考えなければいけないことが多すぎて、毎日「美味しいものが食べたい…」と呪詛のように口からこぼれ出ていたのでその欲が満たされました。

f:id:caiconic:20220812005258j:image
f:id:caiconic:20220812005254j:image

帰りに伊勢丹5階のインテリアフロアをふらふらして、暑くなったので地下のプレミアムジェラテリアでアイスを食べた。

帰宅したら仕事をしようと思っていたのに、うっかり長めの夕寝をしてしまい、元気いっぱいに夜を迎えているなう。ブログを書いてお風呂に入ってから仕事をする。明日も仕事。

 

弊社は特に夏休みは設定されておらず、夏から秋まで使える3日間の特別休と少し多めの有休をあげるからそれでよしなによろしく!なのだが、私の夏休みは来週からです。「みんなが休んでいるタイミングって、ミーティングも発生しないしだらだら仕事ができてお得」派だったんだけど、今が本当に忙しくて、来週の休み期間もまぁ80%ぐらいの確率で仕事に侵食されるよな…と悲しくなる見通しが立っている私には、昨日帰り際に同僚が言った「結局世間が休んでいるタイミングで休むのが、一番確実に休めるんだよ」という言葉が突き刺さりすぎて心が痛い…。やっぱり正論がなによりも攻撃力が高いと思う。

 

来週からは数日間ロサンゼルスに行く予定。推しが出演するイベント合わせなのだが、そこそこ慌ただしいスケジュールと、仕事との兼ね合いと、圧倒的な円安とアメリカの物価高(円安のほうが話題になるけどアメリカの物価上昇率のほうがもっとやばいと思う)、つまりは目を疑いたくなる旅費の金額内訳を見ると「…なんで私はロサンゼルスに行こうとしてるんだっけ?」と言いたくなるんだけど、本当になんでだろうな?ドイツに行った翌月のスケジュール発表、チケッティングだったので行きたい気持ちが昂ってしまった結果なのは自明ですが、それにしてもその後に自分たちの単独ワールドツアーが発表されるわ、その中のアメリカ公演が長いわ、スタートのソウル公演にも行くわ(チケット無事に取れました✨)で、この 8月のLAは無くても良いのでは…?感がいまいち拭えないまま、それでも来週から行ってきます。仕事を抱えて。「なぜ私はここにいるのか…」と自問しながらする旅もまた人生だよな。無事に行って帰ってこれますように。

 

最近自宅マンションを購入しました。正確には、内見に回って、これだと思う物件に申し込んで、ローンの仮審査がおりて、売主との契約作業が完了したところ。いまは本審査中。順調に進めば秋に引っ越し。私は結婚をしていないので、自分の名義だし自分の家だし自分の選択と決断のみで一連の作業をしているのだが、「家を買っているみんなはこんなことをしていたのか…!」と目から鱗が落ちることばかり。購入済みの友人たちにはもれなく全員に連絡していて、あれなにこれなにと質問攻めしては優しく答えてもらっていたので、本当に頭が上がりません。

はじめてから約1ヶ月で契約。もっと時間をかけようと思ったらいくらでもかけられる分野なので、果たしてこれは早すぎるのだろうかと一瞬悩んだりもした。でも不動産売買における事実、①自分が買いたいタイミングと売主が売りたいタイミングが合致している物件しか検討俎上に上がらない、②契約できるかどうかは、同じく買いたい人間同士の競争、③それを踏まえて長く時間をかけた分だけ最上の結果が得られるとは限らない(「時間が長くなるほど、悩みすぎてなにも買えなくなる」はよく聞く言葉です。早く決めたい仲介会社側のセールストークでもあるけど、真実でもあると思う)、これらを前提として考えると結局「契約できたところこそが縁があった物件」なんだろうなと。気に入って申し込んだ物件で勝負に負けるとかるく心が折れるからね。面倒な部分があらかた片付いた気持ちなので、この進捗状況についておめでとうと言ってもらえるとめちゃくちゃ嬉しくなる。あと「手付金が現金持ち込みなのクレイジーすぎない?」みたいな話で盛り上がると楽しい。マンション選びって議論のネタが沢山あるのに、表立ってあけすけにやるには難しいコンテンツだからか、気軽にアクセスできるところにそこまで有益な情報が転がっていないの不思議だなーと思ってる。こないだマシュマロで、「無事に決まったらスペースをやろう」とおそらく誰か友人からコメントが入っていたので、今度そういうスペースを開催しようかな。

 

幸いにも身近にいる人が自分と近い思考なのか、そこまで嫌な思いはしていないんだけど、単身でマンションを購入したというと「この先は結婚とか考えていないの?」と質問されることがあり、それって世の中的な「こうきたらこう」みたいな定番返しになってるけど、果たして所有してる不動産と返してるローンがあったら結婚やそれ以外の人生選択にどんなネガティブ影響があるというのかと考えたらそこまで無くないかな。少なくとも私には思いつかず、それを言った人に「具体的にどういった点で影響があると思うんですか?」と尋ねたらなにも出てこなかったので、やっぱり根拠無いじゃん!?とつっこんでしまいました。そもそもマンションを買う多くの人間が「条件に合わなくなったら売却できるように」物件探してるから、一生付いてくる要素ではないし(もちろん物件によっては全然売り抜けず致しかたなくそこに住み続けるしかないものもあると思いますが)、最近の夫婦は収入も財布も別だしペアローンも多分あまり組まないからそもそも人生の資産計画も別でしょうと思っちゃうんだけど。「五輪後は不動産価格が下がる」説もそうだけど、一度定着したイメージって本当に厄介なんだなと。

 

そんなこんなで気持ちが忙しくて、常になにかに追われている気分な夏です。大半が、誰に望まれているわけでもなく自分がやりたくてやっていることだから仕方がない。

f:id:caiconic:20220812005439j:image

ついでに、この7月、8月はずっと漫画の『ONE PIECE』を読んでいて、長年魚人島あたりで止まっていた(なのに映画は公開のたびに観ていた)のだが、先日の無料公開で一気に追いつき公開されていない分は購入し現在ジャンプの最新号まで追っている状況です。さ、最終章の入り面白すぎる…。そして電子書籍だとあの絵の情報が多すぎて読みづらい現象がかなり緩和されていて、もうぐいぐいいける!美味しいごくごく。一軒目に申し込んだ物件で負けてちょっとくさくさしてた時も「私も海賊だったら家のこととか考えなくても良いのに…」と頭をよぎったんですが、よく考えたら彼らあの若さで長期航海に耐えうる海賊船を所有しており、与信的にローンは組めないので、現金一括で数億円単位で払ってるってこと!?船長たちみんな青年実業家じゃん…と衝撃を受けました。いや海賊なのだから奪った宝があるのでしょうが…まぁこういうことを考え始めると企業っぽい考え方になって、ONE PIECEやキングダムでビジネスを喩えるきもい大人になってしまうので絶対にやめます。やめろやめろ組織やチームとしての麦わらの一味を考えるな!!

 

去年の夏に書いてた日記。そういえばオリンピック。

www.entameism.com

www.entameism.com

春と食欲とわたし

もう7月も終わるというのに春の話を書くのってどうよ。だがしかし、書く!ごはんの写真を載せていく定期シリーズ、今回は3月~5月の記録です。昨年の夏から始めたので、今回でちょうど1年がまわる。

 

最近、在宅勤務中に飲んでいるお茶たち。iHerbでコスメを買うときに送料無料ラインまで足りない分はお茶で埋めがち。

f:id:caiconic:20220612020448j:image

友人ののみちゃんと働く合間にお茶に。最高に美味しいプリンのお店に連れて行っていただいた。そこまでプリン好きではないので私はモンブランにしたんだけど、どちらもとびきり美味しかった~!お好みでラム酒を掛けるのですが、味がぐっとお洒落に深くなる…!
f:id:caiconic:20220612020437j:image

タカノの春は苺です。アルバイトしていた大学時代なんてもう10年前なんだけど、いまだに季節のくだものスケジュールを空で言える。
f:id:caiconic:20220612015021j:image

ちなむと、季節のフルーツのパフェは伝票に「SP」と書くんだよ。

f:id:caiconic:20220612015208j:image

まだ肌寒い春の日に、新宿御苑でひなたぼっこ。入場料が500円に大幅値上がりしたのは悲しいニュースだが、そのおかげでだいぶ客数は絞られていて快適。苑内のスタバは激混み注意。(でも飲んじゃう)

f:id:caiconic:20220612015053j:image

友人とモーニングの日。高円寺の喫茶ぽえむです。
f:id:caiconic:20220612015042j:image

前にも載せた(つまりよく行ってる)気がする牡蠣豆乳ラーメン。創作ラーメン大好き、ラーメンってなんでこの完成度でこの値段で提供できるんだろう。不思議なジャンルだ。
f:id:caiconic:20220612020442j:image

暖かくなってくるとすぐにアイスを始めてしまいます。ファーイーストバザールは砂糖でなく果糖か花蜜糖でつくられたアイスで、トッピングにナッツを沢山付けてくれるので、なんだか健康的な気分になれて良い。がっつり甘い物食べてますけども。
f:id:caiconic:20220612020434j:image

私的春の風物詩。鈴懸さんの苺大福。お伊勢丹のデパ地下で一番並んでいる気がする。
f:id:caiconic:20220612015133j:image

お久しぶりの銀座ウエスト青山ガーデン。甘くてまあるくおっきなホットケーキが食べられます。絵本に出てきそうだよね。実は飲み物がおかわりし放題なのでとってもコスパが良いお店です。テラスでゆったり過ごすのが大好き~。
f:id:caiconic:20220612015032j:image

しあわせだねぇ。
f:id:caiconic:20220612015117j:image

新大久保のはずれにある一芳のフルーツティー。職場の近くにあってほしいのだが、あまり行きやすくはないので悲しい。タピオカの入っていない甘さ控えめのデカサイズのお茶、私の需要めちゃくちゃあるんだけどもっと買いやすくなってほしいよ。みんなも好きでしょ!?
f:id:caiconic:20220612020446j:image

また、お茶。TEAPONDのテイクアウトは400円程でとびきり美味しいのが飲める。
f:id:caiconic:20220612015045j:image

外苑前で降りて、TEAPONDでお茶を、そのまままっすぐ進んでPARLAでクレープを買って歩きながら食べるの、季節に1回はやる。今年の桜は早かったですね。
f:id:caiconic:20220612015201j:image

これまた前にも書いた気がするパークハイアットのデリカテッセン。30代にもなると同じ場所にしか行かなくなっちゃうな。お気に入りのお店をぐるぐるしているだけで満たされてしまうし。
f:id:caiconic:20220612015146j:imagef:id:caiconic:20220612015214j:image

猿田彦のアイス初めて食べた。自立するコーンカップ、発明じゃない?
f:id:caiconic:20220612015034j:image

友人たちと目黒の雅叙園でお茶。数年前は2500円でケーキにサンドイッチやスコーンが付いた「ちょっとしたアフタヌーンティー(と私が心の中で呼んでいた)」があったんだけど、昨今の大幅値上げに倣って5,000円オーバーの全く別の代物になっていて悲しかった。アフタヌーンティーの値上げって単なる物価上昇ではなく、嗜む人口が増えた&コロナ禍でホテル業界が少しでも宿泊以外で収益を増やす方法を模索した結果だと思うから、悲しいけれどもう東京ではなかなかもうしないなぁ。
f:id:caiconic:20220612020459j:image

奥渋に新しくできた創作イタリアン。桜花さんとさきのさんとでした。
f:id:caiconic:20220612015113j:image
f:id:caiconic:20220612015105j:image

全て美味しかったけど、この葡萄ジュースに感動してしまって、自宅でも購入しました。このまま自分で空けるか誰かのおうちパーティーの機会に持っていくか。
f:id:caiconic:20220612015121j:image
f:id:caiconic:20220612020503j:image

桜花さんに頂いたパンダバウム〜。インスタではよくよく見かけていたけど、実物をいただくの初めて!こんなに可愛いのね。季節ものでいくらでもデザインが変えられるので、改めて発明だなぁと。
f:id:caiconic:20220612015142j:image

「アフタヌーンティーは値上げが悲しいからもうしない」と言った口で椿山荘へ。こ、これはハイティーもん!ステーキみたいな分厚さのローストビーフが1人1枚付いてくる。これが食べたくて椿山荘に行ってしまうな〜。金額も以前と変わっておらず「さすが!偉い!」と褒めていたら、途中で紅茶が飲み放題で無くなっていることに気づいたのでした(悲)はう…
f:id:caiconic:20220612020456j:image
f:id:caiconic:20220612020452j:image

美味しく頂いたあとは春の夜をお散歩。椿山荘から、神田川沿いの葉桜を眺めながら高田馬場まで。良い日でした。
f:id:caiconic:20220612015138j:image

これは恵比寿で韓国料理が食べたくて見つけた「水刺間」さん。メインにちょこちょこ小鉢が付いて、しかもおかわり自由なのである。ものすごくお腹いっぱいになる。

f:id:caiconic:20220612015932j:image
f:id:caiconic:20220612015817j:image
f:id:caiconic:20220612015948j:image

ちいかわカフェにて。私はチケット惨敗でしたが、友達が取ってくれた。作中に登場する「郎」この手のカフェにしては驚異のクオリティーで、ちゃんと二郎みたいだった。ニコッ
f:id:caiconic:20220612015808j:image

後ろのドジっ子ハチワレ本当に好き…一見しっかり者なのにやらかしまくるところ、可愛い可愛いかわいいね…
f:id:caiconic:20220612015844j:image

世界で一番好きな人の誕生日なので、仕事帰りにケーキを食べた。
f:id:caiconic:20220612020109j:image

巣鴨のファイト餃子にて。餃子というより、焼き小籠包の外側の皮を極限までカリカリに焼いたような食べもの。たま〜に食べにくるけど、実家に帰ったような気分になるお店です。
f:id:caiconic:20220612015915j:image
映画コナンを東宝渋谷で観た後に、やたらと映っていた西村パーラーに。あんなにロゴがデカデカ映ってたのにコラボメニューもポスターも無いんだ!?と驚きである。私たちの渋谷を守ってくれてありがとう…
f:id:caiconic:20220612015904j:image
f:id:caiconic:20220612020051j:image

大学生ぶりに、池袋の「中国茶館」に来た。『愛がなくても喰ってゆけます。』に出てくる飲茶の食べ放題。Twitterで知り合う女オタクが読んでる率100%(私調べ)のやばい漫画。これに書かれているお店を巡ることがライフワークのひとつ。
f:id:caiconic:20220612015821j:image

店内が改装で可愛い仕上がりになっていた。
f:id:caiconic:20220612015919j:image
f:id:caiconic:20220612020045j:image

点心は人数に合わせた数を出してくれるので嬉しい。意図的にお腹いっぱいにさせようとしてこないというか。
f:id:caiconic:20220612020056j:image

ハリネズミまんと烏龍ゼリーはいつも食べちゃいますね。
f:id:caiconic:20220612020040j:image

2回目コナン、今度はBUMP友達と。渋谷マークシティの中にある春水堂ではアルコールが飲めるって知ってますか?中国茶とお酒の割ものなんかも豊富でメニューを見てるのが楽しい。
f:id:caiconic:20220612020011j:image

仕事中のランチは外で食べるのと、買ってきてデスクで食べるのと半々ぐらい。パンとコーヒーをやりがち。
f:id:caiconic:20220612015958j:image

新宿ルミネエストの中にある「めん、色いろ。いつでも、おやつ。」 大学生の頃から来ているのにまだお店があるのが凄い。そういえばルミネエストの飲食店はあんまり入れ替わらないかもね?
f:id:caiconic:20220612015852j:image
f:id:caiconic:20220612015813j:image
あたたかくなると、ピクニックと称して外で酒を飲み始めます。

f:id:caiconic:20220612091543j:image

これに備えてストックしていた桜柄カップ。ちょっとしたことだけど気分が良くなれるのは雑貨の魔力だよね。
f:id:caiconic:20220612091547j:image

テイクアウトは散々利用しているマグロマート、初めて店内予約が取れたのでマグロコースを食べてきました。カナダでワーホリ中の後輩ちゃんが一時帰国中なので、美味しい魚とSakeを飲み食いしたかったのです。
f:id:caiconic:20220612015833j:image

マグロの食べ比べ。ここまで脂が乗ってると終盤は赤身が人気。笑
f:id:caiconic:20220612020017j:image
f:id:caiconic:20220612020029j:image

自分で救って食べる中落ち。これはテイクアウトも可能。私も友人宅にお邪魔するときにテイクアウトを持って行ったことがあるけど、盛り上がるのでおすすめだよ〜!
f:id:caiconic:20220612015804j:image
f:id:caiconic:20220612015907j:image

好きなお店でパンを買って、好きなお店でお茶してる。
f:id:caiconic:20220612015911j:image
f:id:caiconic:20220612015837j:image

仕事終わりに「あ〜〜〜〜〜」となった日のパンケーキ。しょっぱいチーズとメイプルシロップ。絶対に胃もたれするな…とドキドキしながら完食したものの、案外ぺろりでした。翌日にも引きずらなかったよ!
f:id:caiconic:20220612015944j:image
f:id:caiconic:20220612015856j:image

この時期、ドイツに行く事ばかりを考えていたらつい…食べたくなって……。渋谷ヒカリエ地下の明治屋・九州屋ゾーンはコロナを経てイートインスペースを大きく取るようになって、ちょっとした休憩をするのに丁度良い。このソーセージ+ビールセットは確かハッピーアワーで800円ほど。
f:id:caiconic:20220612020004j:image

人生31年目の今年、アイスボックスにどハマりする。常に自宅に2,3個ストックがあります。朝でも夜でも、ちょっと口寂しい時にガリガリ齧れる。お酒を飲むときに氷に少しだけ加えても、グレープフルーツ味なので良い感じに風味がプラスされて良いです♡
f:id:caiconic:20220612015923j:image
f:id:caiconic:20220612015900j:image
f:id:caiconic:20220612015936j:image

のみちゃんと新大久保。なんとか予約が取れたので、大人気のブルバムに。店内が本当〜〜〜に可愛くって!ご飯も安くて美味しい。
f:id:caiconic:20220612020035j:image

作り込まれたKAWAII空間で肉を焼く。
f:id:caiconic:20220612015928j:image

ゴンチャのいよかんマンゴーミルクティー、とーっても美味しかった!
f:id:caiconic:20220612015847j:image

GWの実家帰省時。青森県民はなぜかソフトクリームやシェークが好きで道の駅などでは必ずと言っていいほど売っている。しかもご当地味でもなく、ごく普通のバニラやチョコレート。なんでなんだろうね?子供だけでなく、大人もおじいちゃんおばあちゃんも大好き。
f:id:caiconic:20220612015825j:image

母とドライブに来て、車を運転してもらいながら自分はビールを飲む(サイテー
f:id:caiconic:20220612015829j:image

5月なのに桜が残っていて少しだけお花見ができた。これ、母のお知り合いのお店の商品なんだけど、下がイチゴ味のシェークで上がかき氷、その上に果肉と練乳が乗っている凝った仕様で300円という驚き価格で「スタバに行ってる場合じゃない…!」と衝撃を受けました。もっと宣伝した方が良い!!!!!と、その場でスマホでPOPを作って印刷して置いてきちゃいました。笑

f:id:caiconic:20220612015841j:image
やってきました、ドイツ・フランクフルト。レーマー広場近くの人気カフェで、伝統的なブラックフォレストケーキと、ラズベリーチョコレートケーキ。

f:id:caiconic:20220612021333j:image

一度しかなかった晩ごはんチャンスはドイツ料理屋さんに。ゲーテも通った1704年創業のお店。そういうところが今も普通に営業しているのがヨーロッパの凄いところですよね。この時期だけの旬のシュパーゲルが食べられて大満足でした。シャクシャクで甘くてジューシー。また食べたい♡f:id:caiconic:20220612021256j:image

どんなに肌寒くてもアイスを食べる。

f:id:caiconic:20220612021400j:image

5月なのに30℃を超えたこの日、KPOP.FLEX会場でもアイスを食べた。沁みました。しかし現在のヨーロッパは熱波で40℃超えとのことで、これはまだまだ序の口だったのだな...。1つたしか2ユーロなので、会場価格にしては超良心的。

f:id:caiconic:20220612021339j:image

フランクフルト空港のラウンジご飯。ホテルの朝ごはんを付けなかったので、空港で腹ごしらえができて嬉しい。
f:id:caiconic:20220612021241j:image

この後また機内食攻めに合うというのにしっかり食べてるな…(だがしかし、この後まさかの推しと同じ飛行機イベント発生でアワアワしすぎて機内食が喉を通らない事態に陥ったので、のほほんと沢山食べてたのは大正解なのである。)

f:id:caiconic:20220612021433j:image

人生2回目、羽田市場さんへ、
f:id:caiconic:20220612021455j:image

おつまみ10品、握り10品、それに加えて日本酒が飲み放題になる1万円のコースがコスパが良すぎて感動します。たまにご褒美で来たくなる。そして漏れなく日本酒を飲みすぎてへろへろになる。
f:id:caiconic:20220612021245j:image

日本酒が苦手だという後輩に、舐めるだけでもと勧めたところ「甘くて......美味しい...!」とすいすい呑んでました。日本酒、作り手によって全然味が違うよね楽しいよね。この時飲んでいたのは紀土(キッド)だった気がします。

f:id:caiconic:20220612021437j:image
f:id:caiconic:20220612021344j:image

自分へのドイツお土産。スーパーで買ったワッフル、ウエハースの詰め合わせ。ヨーロッパーのスーパーって焼き菓子やトリュフチョコレートをおおざっぱにMIXした詰め合わせが500~700円ぐらいで売っているのが不思議、日本における煎餅詰め合わせみたいな認識なんだろうか…?好きなのでよく買ってしまいます。
f:id:caiconic:20220612021404j:image
f:id:caiconic:20220612021300j:image

人生、おそらく2回目のバーミヤン。なにこの配膳ロボット猫ーーー!こんなJAPANっぽいものがあるの、さすが原宿じゃん…??
f:id:caiconic:20220612021447j:image

ふかふかの台湾カステラと、中国茶のドリンクバー。バーミヤン、完全にハマりました…。
f:id:caiconic:20220612021356j:image

5月から、ちいかわカフェがちいかわ飯店に。これまた友人が普通にチケットを当てて(いや普通全然取れないんですよ)、始まってすぐに行ってきました。これは鎧さんのお手製弁当。ちいかわの顔がプリントされた肉まんを嬉々として食べている我々は、この後始まる惨劇(飢餓編…)をまだ知らないのであった
f:id:caiconic:20220612021451j:image

ごくッ ハーーーーッ…
f:id:caiconic:20220612021314j:image

友人宅でお土産の会。最近都心に展開しているイタリアンテイクアウト店でお惣菜とお野菜を仕入れて友人宅へ、
f:id:caiconic:20220612021304j:image

カリカリに焼いたバゲットにお土産のバターを乗せて。スーパーで1ユーロもしない(つまり130〜140円ほどの)バターなんだけど、ミルクの香りがはっきりして、後味あっさりでとっても美味しい。やっぱりヨーロッパは乳製品だよね。ジップロックに入れて持っていって、その場で食べて、余った分をカットしてそれぞれ持ち帰ってもらうという雑さ、家ならではだね。
f:id:caiconic:20220612021252j:image
f:id:caiconic:20220612021308j:image
アイスを美味しく食べられる夜は逃したくない。四ツ谷のTIGRATOでビールのジェラート。
f:id:caiconic:20220612021458j:image

吉祥寺のチャイブレイクでランチ。本当はモーニングのつもりで行ったのに、並びすぎててギリギリ時間がすぎてしまいランチに。マフィン以外のフードを初めて食べたけど、やっぱり色のセンスが良いお店は全てのメニューが良いな。
f:id:caiconic:20220612021326j:image

その足で、吉祥寺の輸入食品店「カーニバル」へ。輸入食品大好き人間ですが、このお店は本当に偏りなく世界各国ラインナップという感じで、いろんな国のお菓子、お茶、調味料が一堂に会していて凄い。
f:id:caiconic:20220612021347j:image

デリコーナーも。お値段も安いし、たくさん買いたかったんだけど、お支払いがキャッシュオンリーで中学生のおつかいみたいに頭の中で必死に計算してなんとか手持ちの現金で間に合わせました。吉祥寺、個人経営の飲食店が強すぎるんよ…(利便性を充実させなくても客の方から来る)
f:id:caiconic:20220612021233j:image

フローズンヨーグルトが売ってる!と、嬉々として食べました。
f:id:caiconic:20220612021317j:image

この頃は例の6月なのに35℃超えが続いた週間なので、アイスばかり食べてる。
f:id:caiconic:20220612021249j:image

スタバギフトの有効期限が近づいていたので珍しくフラペ。700円のドリチケって消費の仕方が難しいのだよな。普段はドリップコーヒーばかり飲んでいる人間より。
f:id:caiconic:20220612021350j:image

餃子とビール好きだなこの人…(自分に軽く引いている)
f:id:caiconic:20220612021419j:image

西荻で水餃子を探していて偶然入ったお店。中国のおかあさんが1人でやっていて、水餃子の皮がちゅるちゅるで全ての料理が美味しくてテラスでダラダラ飲める。しかも、聞くとコロナで一年以上休業していてこの日から営業を再開したそう(!)で、やっぱり私たちは美味しいお店に恵まれる異常能力があるねと気持ち良く小躍りしなら帰りました。
f:id:caiconic:20220612021429j:image

春のラストは ASAKOさん。みんな大好きASAKO IWAYANAGI、昨年から始まったモーニングにようやく行けました。
f:id:caiconic:20220612021412j:image

目が覚めるように美味しいコーンポタージュ、フルーツドレッシングのサラダ、とりどりのチーズとたっぷりのパン(なんとおかわり自由!ASAKOのパンだよ!?)。それに自家製のハムと目玉焼き、燻製醤油付き。
f:id:caiconic:20220612021406j:image

桜バターと苺ジャム。もう5月も終わるタイミングで伺ったのだけど、芯から春だ。口に入れると甘しょっぱくて、桜の香りが鼻から抜ける。
f:id:caiconic:20220612021409j:image

浅めのコーヒーはおかわり自由。浅煎りはごくごくいけて良い。

f:id:caiconic:20220612021311j:image

デザートはパフェです。だってASAKO IWAYANAGIだもの。なにからなにまで美味しくて、上質で、芯から満たされました。季節ごとに食べに来たいなぁ。ASAKOに来ると胃袋が足りない。クレープも食べたいし、春夏限定の自家製アイスも食べたい。
f:id:caiconic:20220612021422j:image

お腹いっぱいすぎたので、後から家で楽しめるようにケーキとパンを買う。早起きした代わりに、この後帰宅してからお昼寝しました。お腹いっぱいになって、帰って夕方までおひるね サイコーだよねッ…
f:id:caiconic:20220612021329j:image

 

この一年の食べものたち

www.entameism.com

www.entameism.com

www.entameism.com

次回からはタイトルに年を入れようと思います。

なかなか眠らない街と早起きのあさ フランクフルト遠征#4

#3はこちら。

www.entameism.com

 

#4。20時間の長旅を終えて、フランクフルトに着きました。

フランクフルト着・ホテルへ

f:id:caiconic:20220612151739j:image

こんなに長い時間をかけて移動してきたのに、なんだか海外にいる気がしなかった。ふわふわした不思議な心地。でも、この時期のヨーロッパの気候は最高。涼しくて、カラッとしてて、世界が明るい。
f:id:caiconic:20220612151825j:image

空港からホテルまでは20分間隔で無料シャトルが出ています。これが超〜便利でした。ホテル周辺は森で、最寄り駅まで徒歩15分ほどかかるのだけど、シャトルで空港まで出てしまえばスーパーもドラッグストアもあるし、市街への移動も楽ちん。

f:id:caiconic:20220619224956j:image

何度もお世話になったバス。

f:id:caiconic:20220612152109j:image

確か14時半頃の到着で、チェックインが厳密に15時からだったのでしばらくロビーで時間を潰す。ちょうどENHYPENが仁川空港に着いた頃で、リアルタイムで空港ライブを観てました。ヒスンさんの空港ファッション大優勝なんだが?(私はロックスターみたいな風貌の人間が大好きですハート)

 

チェックイン。このクオリティーで一泊一部屋18,000円程なのは本当にコスパが思う。周辺ホテルの中でもダントツ、広さや設備に対して金額設定が安かったのです。ホテルを選んだ経緯は、#2の中に詳しく書いているのでそちらを見てください。f:id:caiconic:20220612152113j:image

シャワーも広々で嬉しい〜!アメニティはボディーローションだけ。海外だとよほど良いホテル・部屋じゃない限りはそれ以上のものって付かないですよね。ましてや環境先進国のドイツなので、アメニティにかかる資源なんて許せなさそう。
f:id:caiconic:20220612152134j:image
f:id:caiconic:20220612151817j:image

浴室にはリンスインシャンプーとシャワージェル。シャンプーの品質は良かったけど、やっぱり海外に行く時はヘアケア一式持っていくのが安心ですね。私はよくドラッグストアで売っている100円ぐらいのお試し用パウチを持ってきます。2~3日分で丁度良いので。
f:id:caiconic:20220612151839j:image

お部屋全体、インテリアの品が良いなぁ。機能的だしシンプルで素敵。
f:id:caiconic:20220612151733j:image

シャワーを浴びて、少し休んで、街に出かけます。自由時間が今日しかないので、お土産も外食も今日済ませなきゃ!
f:id:caiconic:20220612152102j:image

ホテルから森をてくてく歩き、Sバーンの「Gatewy Gardens 」駅へ。

f:id:caiconic:20220612151834j:image
f:id:caiconic:20220612152026j:image

発券機でチケットを買う。ヨーロッパの電車あるあるで、改札なし・チケットチェックなし・ただ時々電車内チェックが入りチケットなしだと罰金が発生する。もちろんキセルも発生してると思うけど合理的だよなぁ。
f:id:caiconic:20220612151752j:image

入り口は工事中みたいな、かなりむき出しな感じなのだけど、中は綺麗。まだ新しい駅なんだよね。
f:id:caiconic:20220612151729j:image

S8、S9どちらに乗っても中央に着きます。
f:id:caiconic:20220612152131j:image

 

THEヨーロッパ!Frankfrut Old Townf:id:caiconic:20220620000732j:image

市街の位置関係はこんな感じ。*1 金融街らしい近代的なビル群は中央駅寄りにあります。欧州中央銀行の€マークを見に行きたい気もしたけど、今回は時間もないので旧市街だけ。中央駅付近が一番治安が悪いとのことなので(ヨーロッパって結構そうですよね。)、行く予定のある方は歩いてはいけない路地などに注意。

f:id:caiconic:20220620000628j:image

まずはお茶よね。はぁ街角のカフェ、テラス席、大きなケーキとカフェイン、一生ラブです。レーマー広場近くの有名なお店で、ケーキは6ユーロ前後、ドリンクも4ユーロほどでお手頃価格。店内も素敵だったなぁ。

f:id:caiconic:20220619233700j:image

ラズベリーたっぷりで嬉しい。
f:id:caiconic:20220619234636j:image

ここが旧市街のシンボル・レーマー広場。
f:id:caiconic:20220612151748j:image

何があるというわけでないけど、どこからか管楽器の演奏が聴こえてきて、みんなテラスで陽気にお酒を飲んでて、良い雰囲気だった。観光地特有の話しかけてくる人も居ないし。
f:id:caiconic:20220612152105j:image

ひこうき雲の街。空港と市街が20~30分の距離なので、常に空に白いラインが走っている。

ソンフンさん曰く、「いい感じのキックボード」

f:id:caiconic:20220620001022j:imagef:id:caiconic:20220620001018j:image

もう19時頃なのに、まだまだ日差しが温かくて嬉しい。体内時計は順調に狂ってますが。
f:id:caiconic:20220612151939j:image

スタバ、やっぱり縞々ドリンクが流行っているのか?

f:id:caiconic:20220620021000j:image

エシレバター目的でGALERIAに来ました。Zeilのほうの地下1階がアジアンスーパー含むすごく広い食品売り場なのだけど、なんでもあって空いてて大興奮。
f:id:caiconic:20220612152117j:image

アイス買いたいな〜、乳製品無限に持ち帰りたいな〜と羨ましく眺めているところ。荷物を増やしすぎるのもあれなので、比較的軽めのお菓子、茶葉を買い込む。
f:id:caiconic:20220612151923j:image

そのあとはドラッグストアのdmへ。結局スーパーとドラッグストアで全て解決するんですよ。今回はショッピングをする気が全くなかったので、ひたすらにDSコスメと食品に集中。
f:id:caiconic:20220612152123j:image

友人が教えてくれた「ドイツのキャンメイク的存在」ことessence。本当にキャンメイクレベルの価格帯で、質も良いしデザインも可愛いの。
f:id:caiconic:20220612151743j:image
f:id:caiconic:20220612151847j:image

友人に頼まれていたアイシャドウパレット。世界の都市シリーズ。10都市ぐらいあるはずなんだけど、3軒回ってどこもローマとマイアミしか残ってなかった。笑 この2つも可愛いのになぜだろう。
f:id:caiconic:20220612151911j:image

f:id:caiconic:20220620020911j:image
f:id:caiconic:20220612152034j:image

自分用にはブラウン系のパレットとコンシーラー、リップを購入しました。どれも3~5ユーロぐらい。不思議なほどに安い…。
f:id:caiconic:20220612151724j:image

ビタミン、消毒液、保湿クリームなどなど、細々してお土産に向いていそう。
f:id:caiconic:20220612151956j:image

街中で見かけた彼、めっちゃヒスンかニキっぽくない?こういうポーズするよね、
f:id:caiconic:20220612151714j:imagef:id:caiconic:20220612152054j:image

マイン川へ。私の他の旅行記などを読んでる方はわかると思うんですが、川が好きなんですね。川のある街がたまらなく好きなの、これだけで「フランクフルトは住めるな」と思いました。

f:id:caiconic:20220612151757j:image

やたらと姿勢の良いトリさん(全然見たことない顔をしてて新種のポケモンを見ているような気持ちに...)
f:id:caiconic:20220612151928j:image

みんな水辺でくつろいでいて良い空間だった。にしても水量が多く水際が近いので、降水量が多いと簡単に溢れそう。
f:id:caiconic:20220612151719j:image

街の中心にある大聖堂。
f:id:caiconic:20220612151843j:image

晩ごはんはせっかくだからとドイツ料理。ゲーテも訪れたらしい(Google口コミ)18世紀からある老舗ドイツ料理店。ビールと肉と芋。潔い夕食、アガる〜〜〜!
f:id:caiconic:20220612152015j:image

ビール、元々は苦手だったのだけど、大学の時にドイツを含む中欧の周遊をしたときに「ジュースより安いから」と水代わりにガブガブ飲んでたらそれから美味しく飲めるようになりました。一杯の量が多いのですぐにお腹がいっぱいになってしまうが、その分食べる量をセーブできるので経済的な飲み物なのかも。
f:id:caiconic:20220612151830j:image
f:id:caiconic:20220619225112j:image

今回どうしても食べたかったもの。それは旬のシュパーゲル!白アスパラガスです。野菜の王様、食べられる象牙、ドイツ人が愛してやまない春の風物詩。4月〜6/24の聖ヨハネの日まで限定して食べられる。肉厚でジューシーで本当に美味しかった。本当はトランクに隠して日本に絶対に持ち帰ろうと思っていたのだけど(だめですよ☺️)市場に行く時間がなく、スーパーでも買えるもののやっぱり鮮度命の野菜なので諦めました。でも、ここで食べられて満足した…いつかまたこの時期のドイツに来たら食べようと思います。
f:id:caiconic:20220612152036j:image

当たり前にお腹がいっぱい。そして日が落ちると肌寒い。しかし、アイスは別腹なのです。フランクフルトの街中にはアイス屋さんが沢山ある。数十メートル歩くと見かけるような感覚。値段も安い。いや良い街だな…住めるな…
f:id:caiconic:20220612151851j:image
ホテルに戻る前にもう一度スーパーへ。旧市街のショッピングモールの中のREWEは夜の0:00までオープンしていてとても便利。そして当たり前に観光客で激混み。夜だし、まぁみんな考えることは同じだよねという感じで、皆さん大量のビールを抱えてらっしゃる。
f:id:caiconic:20220612151904j:image

シリアル棚が豊富〜!ドライベリー入りのミューズリーを購入。このバイカラーのリッタースポーツも可愛いな〜。61%と55%を購入して帰国後食べましたが、甘みが程よくて美味しかった。リッタースポーツは味もハズレがないしチョコが分厚いので、口の中でごろっとして食べてる感覚が強くて良い。
f:id:caiconic:20220612152006j:image

1日目の戦利品はこんなところです。パッケージが華やか。その日買ったものを綺麗に並べて撮影する、というのを海外旅行の恒例にしていたのだけど、久しぶりにやれてここで一気に感慨深くなりました。「出来なくなっていたこと」がこの手に戻ってくる喜びよ。

f:id:caiconic:20220612152047j:image

 

上手に眠れなかった朝

f:id:caiconic:20220619224625j:image

夜1:30就寝で、朝5:00起きです。カムバ期間中のアイドルか?もうこんなに燦々と明るくて街も私もショートスリーパーすぎる。イベント当日なので楽しみと緊張ももちろんあると思うんだけど、思うに私は白夜に弱いんだよな。この時期に北欧に行った時も、そっちの方がわかりやすく白夜だったのだけど毎日2~3時間睡眠で一週間ほど過ごしていた。仕方がないので散歩に行きまーす。
f:id:caiconic:20220619224633j:image

ホテルの敷地内にあるレストラン。今はもしかしたら営業休止してるのかも?さすが朝5:00、誰も居やしないので好き勝手に写真を撮りまくる。
f:id:caiconic:20220619224615j:image

この時のわたくし、ノースリーブのワンピースにざっくりニットを羽織っていたのだけど、めっちゃくちゃ寒かった!絶対に気温一桁台の寒さ。ずびずび言いながらホテルの周辺をぐるっと20分ほど散策。すぐ隣にビジネスセンターっぽいビルがかたまっていて、なんだかどこかから話声が聞こえてくるな?と思ったら、ビルの窓拭きのお兄さんが吊られたカゴの中で2人できゃっきゃしながら作業をしていて、たまらなく日常の平和を感じた。彼らも、郷に入っては…を実践している私もマスクをしていないから、余計に。
f:id:caiconic:20220619224559j:image

寒くなってしまったので、最上階フロアにあるプールに来ました。24時間開いているけど、さすがにこの時間は誰もいない。
f:id:caiconic:20220619224554j:image

このロッカー凄くない?全体を写したくて倍率変えて撮っているので写真が荒いんだけど、L字を組み合わせることで、靴置きを兼ね備えたロングなロッカーを効率的に配置してる。これは、ドイツっぽいデザインだな〜!と唸りました。
f:id:caiconic:20220619224620j:image

なんでも置いてくれてる。
f:id:caiconic:20220619224638j:image

屋内プール特有のむわっとした多湿のあたたか空間。
f:id:caiconic:20220619224603j:image

窓からは空港が見える。当然ながら轟音とともに飛行機も。
f:id:caiconic:20220619224629j:image

温かくて天気も良くて、うとうとするんだけどでも眠れない、そんなぼんやりした時間を2時間ほど。ちょうど日本は土曜の昼すぎだったので、友人たちと連絡を取っていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。そして聞いてください、朝のお供として飲んでいたこのドリンク、その名も「フルーツバターミルク」でその名の通り濃厚なフルーツ風味のミルキー飲料なんだけど、このサイズで500カロリー程あって成分表見て震えた… え、溶かしバターとか入ってる…?1人なのを良いことに「ええ〜〜…」と大きめの声を出してしまった。

f:id:caiconic:20220619224643j:image

「水に浸かると時差ボケしづらい」説を信じてプールにもこの後入ったんですが、平均的アジア人身長な私には深すぎて、床を蹴るようにして浮いてました。でも楽しかった。コンサートの日の朝に、ドイツのホテルでプールに入ってぷかぷか浮かんでる。冷静に考えると状況が面白すぎました。f:id:caiconic:20220619224549j:image
f:id:caiconic:20220619224611j:image

とても悠長に過ごしているけれど、せっかくなので到着時間に空港にお出迎えに行こうと思い、それ合わせでのんびり過ごした朝なのでした。

 

今回はここまで。次で一気にイベントの話を書いてしまおうと思います。空港お出迎えから、フェスが終わるまで。トラブルは無かったけど、バタバタ移動したり列がまさかの2列目だったり書くことが沢山あるので楽しみです。

 

#1はこちら

www.entameism.com

旅中のTweetまとめはこちら

togetter.com

 

*1:ちなみに星マークのホテルは、今回アーティストが宿泊していたホテルです。笑 全く偶然ながら我々の宿泊ホテルの系列。当然手配時にもチェックしてたけど、おそらくフランクフルトで一番有名なホテルです。運営側素敵なことしてくれる!